「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

バイバイ、ブラックバード

伊坂幸太郎氏の本日発売の新刊。
今日未明のW杯観戦で寝不足もなんのその、只今読書中。

伊坂氏独特のニヤニヤ笑えて、
うーん…と唸るような切なさが胸にくる語り口が炸裂。
気に入ってます。

しかし、主人公の行動、情けなさが俺っぽくってヤダ。
きっと、俺も独身のままだったら女性関係も…
イヤイヤ、格好良くないしモテないからそれは無理(笑)

おすすめ。

そういや、伊坂さん、3歳になる自分の子供にキレる日々で、
『人間が出来てないなぁ…』って反省してるとか(笑)
[PR]
by curtis_01 | 2010-06-30 23:08 | 徒然草

負けた。

西日本では大雨だというのに、
此方は晴れているわ、暑いわ。

またまた栗駒山の麓を走るコース。
最初からヒルクライムで飛ばし過ぎたのと、
暑さに弱い上に、ハンガーノック(補給食持てよ)。
ヘロヘロになって帰ってきました…。
それにしても、ふと見上げると坂の上にいたタヌキの
“なんだ、コイツ?”って冷たい視線は面白くなかった。

その帰り途中、高校生らしき二人にブッちぎられました…。
脚はもう終わっていたけど、36㎞/hで頑張って追いかけるも
二人の後ろ姿は離れて行く…。
いかん、鍛えなおさねば…。
朝練強化だな。

「なんで現役と張り合うのか、訳分かんない」
…いいんだよ!自転車はガキのまんまで!
[PR]
by curtis_01 | 2010-06-26 22:01 | 自転車

無理。

am7:00
朝起きたら雲の切れ間から淡い青空。
コレで走らないのは無理。
鼻血止めの施術から4日目。
1週間運動禁止って言われているけど、
力まずに、ホンのちょっと走るだけなら良いでしょ?

速攻でサイクリングウェアに着替えて
いつもの30kmトレーニングコースへ。
道端の薊や紫蘭の紫が周りの緑に映えて綺麗。

ちょうど半分を過ぎた辺りでポツリポツリと雨。
今までゆっくりだったのをスピードアップ。
“鼻水は出ないよな?”と自問自答を繰り返しながら(笑)

シャワーを浴びた後は、『ひとつぶ堂』へ。
店内は今日も美味しそうな匂い。
ご店主から「curtisさん、この前、愉多工房にお蕎麦食べに行きました?」
「うん、行きました。」
「やっぱり。凄くセクシーな人が来たって、言ってましたもん。」
「それって、身体ピッタリのサイクリングウェアのことだな(笑)」
枝豆チーズ、ペッパーチーズ、チョコチョコ、チョコキャラメル、
そしてフォカッチャをゲット。

走った所為か腹が減っている。昼までもたない。
そのままパンを食べようかとも思ったけど、
すぐ近くの愉多工房に寄って蕎麦をたぐることに。

…また2枚。
そして昼にずっしりとして美味しいパンを2つ。
フォカッチャ最高ー!

ダイエットも無理だな。
[PR]
by curtis_01 | 2010-06-20 16:56 | 自転車

自転車馬鹿、大いに食す。

空は曇りだけど、先週に引き続き自転車で
栗駒山の麓を走りまわるコース。

いや、全然ヒルクライマーは目指してませんから。
ただ、渓流沿いの道が気持ち良いだけ。

空気は湿度が高く、肌にまとわりつく感じ。
不快指数は高そう。
それなのに坂が多いコースだけに
走っている途中でバテてくる。
その上、補給食を持ってくるのを忘れて、
ハンガーノック寸前。

前に最高に美味しいパン屋『ひとつぶ堂』のご店主に教わった
週末だけ開店している蕎麦屋に飛び込む。

板張りの店内は英国風の設え。
蕎麦が出る前に香の物とお茶を出してくれる。
蕎麦は十割のしっかりしたもの。
蕎麦の香りが高く、喉越しが涼やかでたまらない。
ワサビじゃなく、辛い大根おろしが付いてきた。
たまにこれを蕎麦に載せて口に入れると
辛みが蕎麦を引きたてる。
ワサビだとワサビ独自の香りが先に立つけど(それも好きだが)
大根だと蕎麦だけの香りでたぐれる。

気に入った。

追加でもう一枚。
蕎麦湯も濃厚でとろっとして、つゆと混じると良い塩梅。
最後はデザートに取ったそばプリン。
好みできな粉をかけて食べたが、これも上出来。

店を出て気がついた…
お腹いっぱいになり過ぎて、ペダルを回せない。
そのままのんびり帰ってきました。
次に行く時は蕎麦1枚だけで止めるぞ!

走行距離:86.55km
平均速度:27.2㎞/h
平均心拍数:150bpm
平均ケイデンス:91rpm
[PR]
by curtis_01 | 2010-06-13 18:22 | 自転車

最後のマンガ展

今日、どうしても観たい展覧会があったので
午後から半休をとって仕事をサボる。
といっても、抜け出れたのはpm3:30。
相変わらず、職場では彼方此方から声がかかる
curtisのセール中。…いいかげんにしろよ。

行ったのは、今、一番好きなマンガ家、
『井上雄彦・最後のマンガ展:最終重版』

井上氏は、吉川英治氏著『宮本武蔵』を題材とした
マンガ『バガボンド』を既に33巻まで出しているが、
それを展覧会の形で武蔵の彼岸までの邂逅を描いている。

描き方は通常のマンガに見られるペン書きの絵のほかに
素描、水墨画とそれらを組み合わせたものなど。
2階建てのビルに相当する和紙に描かれたものから、
手のひら程度の小さい絵。
描かれるものはコンクリート、ケント紙、和紙まで。
白い空間に並んだ絵から真っ暗な空間に
スポットライティングで浮かぶ絵。
墨の濃淡だけでなく、光の濃淡、空間の広狭までを駆使し、
展覧会一巡して、ストーリーが完成するマンガ。
自分の親父が水墨画をやっているだけに、
筆遣い、技法にまで、作者が伝える為の
思いを及ばせられるのが楽しい。
今日は心から、親父に感謝。

じっくり観ている所為で、かなりの数の観客に追い越され、
気付くと、1時間以上もひとりきりで静かに鑑賞出来た。
ひとつひとつの絵そのものが素晴らしい。
今まで観た展覧会や絵達の中でもベストに近い。

鑑賞し終わって、この絵達がまとめられた
マンガというか写真集を購入。
でも、あの墨の載り、和紙のぼかしの質感、
ペンの網掛けの精密さが伝わってこない。
つくづく、絵というのは『リアル』が重要だと教わった気がした。

サボって良かったよ。
[PR]
by curtis_01 | 2010-06-08 20:58 | 徒然草

新緑。

昨日の雨が嘘のように青空。

何も用事が無いんで、当然のように
サイクリングウェアに着替える。

今日、映画『東京タワー』のロケ地になった鉱山の住宅地で
昭和のクルマがメインのささやかなカー・フェスティバルが
開催されている。
クルマはもう止めたけど、観るのはまだ好きなんで
自転車をそちらに向ける。

これぞ日本の田舎って景色が続いていく。
田園から山の中へ。
上りが多い。心拍数は170bpm前半。

会場は昭和のまんまの住宅が並ぶ。
そこに昔のクルマたち。
スバルの360にR2、27レビンにSR311。
パブリカワゴンにビートル。
イイねぇ。
自分のサイクリストの恰好はかなり目立つらしく、
様々な人達に話しかけられ、クルマ談義。

次は近くのダム湖から関所跡まで。
あの岩手宮城内陸地震で崖崩れの映像が流れた場所だ。
山が深くなると、林を抜ける陽射しが緑に染まる。
木々から聞こえるコロコロという蛙の鳴き声。
映画『もののけ姫』の“こだま”が
ジャガイモのような頭を振って出す音にそっくり。

昔、休日の朝クルマで走りまわっていた道は
地震被害で通行止めのまま。
いつか、このDE ROSAで走りたいな。

関所跡から里に下り、
また別な峠に。

家までの帰り、既に大腿筋は重い痛み。
いやぁ、楽しかったねぇ。
記録はサイコンをリセットし忘れ、無し(笑)
[PR]
by curtis_01 | 2010-06-06 17:36 | 自転車

馬鹿は死ね。

クリーンな政党を目指すじゃないだろう?

日本の将来を考える政治をすること、
そのビジョンを示すことが政治家だろう?

この民主党が支配した間に
どれだけ国が悪くなったと思うんだい?

子供手当というもので子供たちに借金を背負わせ、
公約という嘘をつきまくり、
選挙・政治への期待感を喪失させと認識はしていないのか?

目先だけに踊らされ民主党に票を投じた国民も大馬鹿で、
それで裏切られたと言っているのもどうかと思うけど。

みんな、THE TIMERSの総理大臣を聴こう!
[PR]
by curtis_01 | 2010-06-02 22:22 | 徒然草