「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

見方。景色。

UN AUTHORIZED 33rpmを漕ぎ出す。
隣の市まで、親父が出展している水墨画の展覧会へ向かう。
彼が定年して急に、昔からやりたかった水墨画と表具師として勉強を始め、
今では結構楽しみながらやっている。
ただ、彼にとっては、自分が一番口うるさい評論家になっているらしいけど。

秋の日差しが、尾花の穂を輝かせる。
日陰を通り過ぎると、ひんやりした空気が汗をかいた身体を包む。
久しぶりに自転車に乗っている所為か、リズムを取り戻すまでちょっと辛い。

展覧会を行っている会場は、和歌に詠まれている小川のほとり。
蔵を改造している建物だった。


みちのくの緒絶の橋やこれならんふみみふまずみ心まどはす
                          藤原 道雅
  みちのくの緒絶の橋はこれだったのか。 
    橋の緒が切れてしまわないかと、
      踏み出そうか、踏み出すまいかと心を惑わすものです。

      『文を見たり(いただいたり)、
       文が見れなかったり(もらえなかったり)、
       あなたとの縁が途絶えてしまわないかと、心を惑わすものです。』


木の塀に33rpmを立てかけ、広く開かれている入り口から中に入る。
明るい日差しが木のフロアから柔らかく反射され、
表装された水墨画に彩を添える。
親父が出展してからこの展覧会には毎回顔を出しているが、
皆さんの楽しみながら真剣に描いているのが伝わってくる。
親父の絵は表装も自分でやっている所為か、なかなか良い物だった。

会場を後にして、公園と隣接している神社を訪れた。
以前、桜が満開のときに来たのだが、
流石に今の季節では、誰も居ない。
桜の老木が並んでいる辺りは、柔らかな草が地面を覆い、
誰も此処に足を踏み入れていないのが解る。
石のベンチに腰を下ろし、ペットボトルのミネラルウォーターを一気に飲む。

自分が座った向こう側に、苔むした石灯籠、石のベンチ、桜の老木。
柔らかい草に覆われた地面。そして明るい木漏れ日。
緑の景色。

綺麗だと思った。

バックパックから、ローライ35TEを取り出す。
二十数年前のマニュアル式カメラだけにピントは目測で大体合わせるだけ。
露出だけファインダーの中のLEDで合わせ、フレームを決める。
シャッターボタンを押した瞬間、携帯電話のワザとらしいものと違う
「カシャッ」という小さい機械が動く音がする。

ゆっくりと時間を過ごす。
ふと、あることを思いつきバックパックにまた荷物を収め、33rpmに跨る。

次に向かったのは、彼岸花、曼珠沙華が群生している丘だ。
暫らく走り着くと、思っていたように
細い幾筋から成る赤い花と緑の茎が一面に、
美しくも怪しい景色が広がっている。

33rpmを柵に立てかけ、ここでもローライを取り出し写真を撮りだす。
なるべく絞りを小さい数字にして花をはっきり撮れるよう試みる。
果たして、どんな写真になるのか?
凄く不安ながらも、楽しいのだ。


見方。
景色。

自転車と、カメラが与えてくれた楽しみ。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-30 19:57 | 自転車

洗車。

昨日は疲れすぎてて、帰宅後晩御飯も食べずにシャワー浴びてそのまま寝床へ。
おかげで、空腹で朝の5時に目覚めた。

少し雨の残る夜明け前の暗い空を眺めてため息一つ。
PCのスイッチ入れて、大好きな映画、
『紅の豚』を観た。

やっぱり、男ってこんなガキみたいな気持ちに成れるのが
いつになっても最高なんだなぁ。
一番クルマに熱くなっていた頃、大好きな山で明け方に
ナローポルシェやいろんなクルマとバトルしたことを思い出す。

それは、利己主義で稚拙な行為。悪いことだと認識している。
でも、クルマで“走る”ことは止められなかった。
絶対、善い人にはなれないな。

夜が明けて、雨も上がったので久しぶりに洗車。
自分の洗車は普通に汚れ落として、ワックス掛けるだけ。
小さい、曲線で形作られた車体は洗い易い。
洗い終わったクルマで、近所を一周して水切り。
洗車したときに、クルマが喜んでいるような気がするのは何故だろう。

空は晴れてきた。

・・・・ごめん。
今日も自転車で出かけるわ。


デジカメのトイカメラ君。
面白い画質だなぁ。

c0076652_85724100.jpg
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-30 08:54 | M2 1001

求める景色。

ながめやるいく野の末のはてもなし月と露とのおなじ光に
                        正親町公蔭


  眺めると、生野は果てしなく広がっている。
    月と露は同じ光に煌めいて。


多忙な毎日。
それだけにこの歌のような景色を見たいと望んでしまいます。

例えば、自転車に乗っていて、ふと停めた場所から見えるのは
夜、月に照らされた草についた夜露が煌めく広がる地。
ひとりで居ることで、ありとあらゆる物すべてから放っておかれる。

そんな寂寥感と安心感が欲しいです。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-27 23:13 | 徒然草

homework.

二日酔いに、筋肉痛・・・。
昨日、『ちょい撮りin東北』でかなり歩いたし、飲んだからなぁ。
折角晴れた休日ですが、午前中は寝てました。

寝床から見える青い空と、涼しげな秋風。
何もしないで寝ている。これも贅沢な時間。
・・・・頭と身体の痛みさえなければね。

昼過ぎに起きると、長男、次男から揃ってプリントを渡される。
なになに?
『町の文化祭参加の生徒と親の俳句の応募について』

「明日締め切りなんだ。」

もっと前に出せよー!

というわけで、俳句を捻り出す為にUN AUTHORIZED 33rpmで
行き当たりばったりサイクリング。
裏山のジープロードから、田園の中の舗装された道までひたすら漕ぐ。

金木犀の香り。
稲刈り後の青臭い香り。
凛としている秋の空気の中に様々な香りが漂ってる。

脚は回り続ける。
頭の中は静まり返り、言の葉遊び。

家に着いたときに出来上がった二つの句。


  凛と立つ尾花照らして上り月

 
  待宵に林檎の香り虫の声


こんなもんかなぁ・・・。
宿題は昔から苦手だ。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-24 21:17 | 徒然草

カメラな一日。

昨日は、ローライ35のファンからなるMLで行われた、
『ちょい撮りin東北』に行ってきました。

この『ちょい撮り』は、関東圏では良く行われているらしく、
ローライ35を持ってぶらついて写真を撮る一日というイベント。

東北初幹事は、我がロードスタークラブPPFの一員でもある、えせさわやか氏。
いやあ、MLに入って初めてお互いがローライを持っていることを知ったという。
ここでも“類友”状態。
どんなクラブだ?

で、昨日は関東から1名、宮城県内4名で仙台の街をうろうろ。
駅から中央通、一番町、いろは横丁、瑞鳳殿、そして仙台城天守閣跡。
歩いた歩いた。
でも、集まった人たちが薀蓄語るような野暮じゃなくって、
写真を撮るって楽しい!って方たちばかりで凄く面白かった。

それぞれ撮る対象、惹かれる対象って違うんだねぇ。
みんな同じもの撮るにしても、構図角度違うし、
ああ、こういう風な見方があるんだって気付かされたのが一番の収穫。

そのまま夜はダボスっていう
ベルギービールを飲ませる居酒屋さんで飲むは、語るは。
笑いが尽きない。


1万5千円の小さな中古カメラが
また新しい楽しみを教えてくれたね。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-24 10:34 | カメラ

さあ、みんなで考えよう!

ああ、疲れたぁ・・・・。
マジで忙しい1週間でした。
今日も“だるま”で絶品『みそたん』を食べようと思ったのに、仕事でおじゃん。
ああ・・・。

さて、全国の素敵な自転車お馬鹿の皆さんへ

今度、四国の香川で『自転車ワールドフェスタ2006』というイベントがあります。
10月から11月まで様々な企画があるようです。
是非、お近くの方は『仮装パフォーマンスコンテスト』にでも参加してみては?
一位は賞金10万円ですよ!

で、遠距離の方は注目!
『あなたの自転車物語』
400字の物語を応募して一位になったら、此方も賞金10万円。
ブログを書いている皆さん、いつもの軽い気持ちでも、
賞金狙いの熱意あふれる文章でもOK。
応募してみては?

パーツや自転車欲しい病のあなたの一助となる金額。
もちろん私もSURLY クロスチェックの支払いのため頑張るぞ!(笑
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-22 21:49 | 自転車

ドキドキ・・・。

ここんとこ、夫婦仲のいいブログ上げていますが、
・・・・・・隠し事があります。


カミサンにSURLYのクロスチェック買ったこと正式に言っていません。
・・・・既に20万円払っています。

二輪工房 佐藤の店長
「自転車乗り倒したい病、発症中につき、組み始めてください!」
って、お願いしちゃいました。

・・・・・・・・・・・うーん。どうしよう。


納車されるその日。

突然、クロスチェックで仙台からヘロヘロに疲れて帰ってくる私。
カミサンは優しく

「大丈夫?そんなに無理しちゃって駄目よ。お風呂に入って休みなね。」





・・・・・・・・・・・・・・あるわけが無い。


「お尻からまた血を流したいんかー!」って
デミオで踏み潰されて終わりだろうな・・・・。


ましてやニューバイクとともに現れたら・・・・・・・。


・・・・・・ああ、どないしよ。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-20 22:11 | 自転車

my better half.

退任された教授の記念パーティーでは、
教授、助教授、そして助手の“お母さん”と
久しぶりに懐かしい顔に会えた。

パーティでは、T教授の記念講演があり、
昔受けた講義を思い出すような楽しいもので、
先生の授業だけは欠かさず出ていたことを思い出す。

「偶然と必然の中に人はいます。その中でいかに自分を表せるか、
それを常に私は考えているのです。」
この一言が印象に残った。

驚いたのが、当時マスターコースにいて、
音楽と勉強が好きというMさんと逢えた事。
もう、50才のはずなのに相変わらずパーマを掛けた長髪に髭を生やし、
当時、俺らの“兄貴”のまま。
カミサンと3人で、当時から今までの話に花が咲いた。


教授に一言というコーナーで私が言ったのは、

「T先生、先生のおかげで最高の伴侶を得ることが出来ました。」

これには会場から、拍手がおきたのだが、 
次にステージにカミサンが上がると、T教授から

「Sちゃん、残念なことしたなぁ!」と一言。
会場中、大爆笑になった。


翌日、大学と、学生用のアパートが立ち並ぶ辺りを
カミサンと二人でクルマで流した。

大学の中にも入ったのだが、
研究室の機材、学生達の雑然とした白衣のまとめ方。
昔と変わらない。

「ヘタな観光地巡りより、こっちのほうが楽しいね。」
とカミサンが言うとおり。

昔、自分らの、そして友人達が住んでいたアパートの大半が残っており、
突然、友人達が現れるような錯覚を覚えた。
助手席の彼女も同様だったらしく、涙を拭っていた。

あれから。
あの学生時代から二人で一緒に過ごした日々。
カミサンと居たから乗り越えられたことも多い。
“my better half.”
この言葉が胸に沁みた。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-18 08:18 | 徒然草

古巣へ。

昨日みし夢かとぞ思ふ寝ざめして昔をしのぶあかつきの空
                         藤原公衡


  ゆうべ見た夢か、と思うよ。
   寝覚めると、昔をなつかしく思い出させる暁の空に。


明日、遥か昔に卒業した大学へ行くことになりました。
お世話になった教授が退任されるのにともなって
研究室の同窓会的なパーティーが開かれるとのこと。

なにより、自分の“それから”の方向性が決まった街へ
帰れる(感覚的には帰れるなんですね。)のが嬉しい。

仲間達、クルマと過ごしたあの日々は、
自分にとって、いまだにキラキラ光り輝いています。
戻りたくても戻れないからこそ、素敵に思えるのでしょうが・・・。

そして、大学で出会えた彼女が、
我が妻となり、一緒にあそこに訪れることが出来るということが
より感慨深いものにしています。

まあ、カミサンは教授と助手先生に
私と付き合うことを反対されたらしいのですが・・・。(笑

そんなに、自分って学生のときってアブナイ奴だったかなぁ・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-15 23:21 | 徒然草

秋の長雨に。

雨ふれば軒の雫のかずかずに思ひみだれてはるるまぞなき
                            藤原公継

  雨が降れば、軒から落ちてくる雫の、
   その数々ほどに思い乱れて我が心は晴れる間がない。


建仁二年の旧暦九月十三日夜、
後鳥羽院が水無瀬の離宮で開いた歌合で、
『寄雨恋』つまり、雨に寄せての恋の題で歌われたものです。

歌合においてこの歌は、対歌のほうが言葉の遣いかたが
艶っぽいということで負けたのですが、
私は歌の内容では、勝った耐え忍ぶ姿の歌より、
この想い乱れた自分自身を見つめる、その静かな視点が好きです。

果たして自分自身の求めるものは、なかなかに自分で気づかない。
それだからこそ彷徨い、心乱れる私自身を振り返り、この歌に惹かれるのです。

さて、歌合でこの歌に勝ったほうの和歌も載せておきましょう。
秋の長雨の夜。
雨に寄せる恋歌に思いを馳せるのも一興でしょう。


ふりにけり時雨は袖に秋かけていひしばかりを待つとせしまに
                            俊成卿女

  袖に秋の時雨は降り注ぐ・・・。
    「秋にかけて」と貴方が言われたその言葉を待っていた間に
      その約束は古くなり(ふりにけり)、無くなってしまった。
  袖に涙が降り注ぐ・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-13 22:15 | 徒然草