「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:カメラ( 11 )

自転車馬鹿のカメラな日

今日は、自分がいつかこうなりたいと憧れる『もときち』さんとカメラでお遊び。

場所は栗原市『風の沢ミュージアム』
約束の時間に現れたのはユーノスロードスターSリミテッドに乗るもときちさん。
「懐かしいだろ?」とクルマを下りざまにもときちさんが笑いながら言ってくる。

「また欲しいんですよねぇ。」

「そういう胸の中の虫は潰さなきゃ駄目だよ」

と、1年以上ぶりなのについ先週会ったばかりという感じでご対面。

階段を上っていくと日本家屋をそのままのミュージアム。
ご夫婦と思わしきカップル、家族連れ、女性だけのグループ、観覧者が結構いる。
もときちさんはニコンのフィルムとデジカメの一眼レフ2台。
俺はいつものRollei35SE。
縁側に座ってカメラを取り出すと隣町からきたカフェのマスターも一緒にカメラ談義開始。
そのマスターが持っていたのがFUJIFILM x-pro1。
もときちさんからも「curtisはこれがいいんじゃない?」と言われてたカメラ。
見せてもらったら、もう、楽しそう。「だから言ったろ。」ともときちさん。
うー、欲しい…。

しばらく縁側で語り合った後、のんびりと撮影会開始。
展示されていたのは、『紙思考「本濃研太」展』。
ダンボールでつくられたヒト、動物、お面。
全てがインパクト有り!
そしてこの家屋や景色の雰囲気の良さ。
撮っている間も見ず知らずの観覧者たちと自然に会話が始まるフリーな雰囲気。
ここ、面白い場所だ。

スイッチが入ってしまって、フィルム2本をたちまち使い切る。
・・・楽しかったけど、フィルム現像するまで仕上がりが分からないこのドキドキ感。
これもまた楽しいんだけどね。

撮影終わって、また縁側で田園、竹林を眺めながらのんびりといろんな話。
2時間はあっという間。
“また、いつか。”
それを切に思うほど楽しい時間だった。

もときちさん、また遊んでくださいね。
[PR]
by curtis_01 | 2012-07-07 18:41 | カメラ

自転車馬鹿の週末の楽しみ。

いやぁ、早く帰ってみれば、ツール・ド・フランスでは
新城幸也が逃げを決めているってことが最高の酒のつまみ!
もう、国内みんなで応援しよう!ってくらいの気合の入り具合です。
マジでJ-Sportsで応援しましょうね。

土曜日、尊敬する趣味の大先輩からお誘いがありました。

「カメラで遊ぼう」と。

オイラはこの前、北野武さんからサインを書いて頂いて
永久保存になったRollei35TEの代わりに手に入れた
レンズ違いのRollei35SEしかない(またかと言わないで!)んですが、
お誘いにのって遊ぶ事にしました。

宮城県栗原市一迫『風の沢ミュージアム』に14:00集合。
フィルムorデジタルカメラ持参のこと。
お暇な方はどうぞ。

楽しみだなぁ!
[PR]
by curtis_01 | 2012-07-04 22:23 | カメラ

自転車馬鹿のカメラ探し。

サインを頂いたローライ35TE。
これはもう大事にしまっとこうと、それくらい大事なサインなんでね。
そこでフィルムも現像料も高いしと、これを機にデジカメ探し。

ローライ35が好きなだけに基本的にはクラシカルなデザインでコンパクトなヤツ。
Nikon 1 V1とか富士フィルムのX-PRO1とかリコーのGRとかオリンパスPENとか
うーん、いいなぁ。

閑話休題
今日、新幹線で埼玉から宮城に帰って来たんだけど、
那須の辺りで、青空と白い雲をバックに雪を頂いて、
蒼く凛と立つ山並みが車窓に広がる。
こういうのを見ると写真に撮りたくなるんだよなぁ。
でも、自分の望みはこれを言葉で書き残し、
それを読んだ人の脳裏にこの景色が浮かぶ事。
写真のような文章っていつか書けないかな?

さっきまでネットでカメラの相場を見ていた。
でも、気付くとローライ35、それもゾナーレンズのモデルを検索中・・・。
おいおい・・・と1人で突っ込み。

ローライ35はファインダーを覗き込んでピント合わせなんて、
今じゃフツーの事すらできない。

ピントは目測で距離を測ってそれをセット。
絞りもシャッタースピードも自分でセット。

結果は現像後。神のみぞ知る、不安をかなりトッピングしたワクワク感。
これは面倒と思われるかもしれないけど、
意外とちゃんと写っているし、面白い写真が撮れたり楽しい。

ゾナーレンズは一色多いって表現される発色とか。
うーん、やっぱり離れられないのか(笑)
[PR]
by curtis_01 | 2012-04-01 22:02 | カメラ

自転車馬鹿、実はミーハー。

体調がイマイチで今日は早く帰宅。

この前、ちょっといろいろあって偶然にも北野武さんと木村拓哉さんを見ることができた。
木村拓哉さんは、目が大きく、背筋がピンと伸びて姿勢が良く、
ホント、TVよりも何十倍も格好良い!
昔から大好きで、特に俳優として映画監督として大好きなたけしさんなんて
ただ、ただ間近に見れる事だけで大満足。
目の前を歩いて行くだけで此方は緊張しっぱなし。

兎に角2人の存在感、オーラの凄さに圧倒されました。
そして、お二人とも撮影後のスタッフに対して挨拶をきちんとしていて、
その礼儀正しさに感動。

で、たけしさんに昔から愛用のカメラにサインを頂くことが出来ました。
c0076652_22564187.jpg




も、このカメラ使う事出来ないわぁ・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2012-03-28 22:58 | カメラ

光を感じて

今週初めの熱が上がったからか、いまいち体調が優れない。
まあ、年が明けても無茶苦茶忙しい所為だろうけど・・・。
そこで一日ゆっくりしているかなぁと思っていたところ、
長男坊から自転車のパンク修理をお願いされて、ガレージで修理。

ガレージに行けば、Cross-Checkや、33rpmが目に入る。
やっぱり走りたくなって、メッセンジャーバックにローライ35TEを突っ込んで
33rpmに跨って走り出す。
向かい風もキツイし、こんなときは裏山から、
大きく回ってのんびりと走る。

自然公園で日の当たっている木に33rpmを持たれかけさせて、カメラを構える。

写真家の渡部さとるさんが『旅するカメラ 2』で書いていた、
“感度分の16”の法則。
世界中、晴天なら太陽の光の量は一緒。
晴れた日に写真を撮るなら、『絞り』をf16まで絞って、
『シャッタースピード』を「1/ISO感度」にセットすれば写るよっていうもの。

ローライ35TEにセットしていたフィルムは、
フジのISO400だからシャッタースピードは1/500(1/400は無いんで)にして
絞りをシャッタースピードが速くなった分、f16とf11の間にセット。
目測でピントを大体合わせて、シャッターを切る。
これが意外とよく写る。

応用していくと、日陰のなかや、空が曇ったなかで被写体にカメラを向けるとき、
光を感じて自分のカンでシャッタースピードを落としたり、絞りを開けたり。
ファインダーの中の露出計のLEDをシカトして。
遊ぶ感覚で写真を撮るのが今の楽しみだ。

自転車で散歩しながら、楽しみはふたつ。
これでリフレッシュできるね。
[PR]
by curtis_01 | 2007-01-13 21:46 | カメラ

視点。

昨日は、ローライ35をこよなく愛する3人のオヤジの集まり。

風邪も治ったことだし、ベルギービールを飲ませてくれる、
ダボスというお店でヒューガルデンのホワイトの飲み放題チャレンジ!

ドライトマトのオリーブ漬け、ホタテのカルパッチョ、
太くって美味いソーセージの盛り合わせ、
その他いろいろ食べながら、一体何杯グラスを重ねたことか?
はっきり言って覚えていません・・。

集まった皆でお互いの写真を見せ合う。
同じモチーフでも、構図やら絞りやら、シャッタースピードやら
撮れている絵が人それぞれ。
いやー、勉強になります。

昔からの友人でもあるえせさわやかさんの写真は、
モノの質感が伝わってきて非常に良い!
そこで、どうやって絞りとか決めているか教わってきました。
おかげで、今朝からいろいろ撮って遊んでいました。

いいねぇ、このちっちゃなカメラ。

そういえば、仙台のとあるお店にすごく良い状態の
ドイツ製の初期型のローライ35があるとの情報。

でもね、行ったらヤバイ状態になりそうな私。
ええ、我慢していきません!
これ以上なんか買ったら、家から出されちゃいますからね。
[PR]
by curtis_01 | 2006-11-18 21:04 | カメラ

小さな部屋。

この頃カメラマンが書いた「コラム+写真」本を好んで読んでいます。
ローライ35TEを手に入れてから、
写真っていうものにかなり惹かれ始めている。

カメラマン達の写真への愛、葛藤、こだわり。
それはそれでなかなか面白い。
でも、これを読んで、
この人たちのような写真は撮れないし、(当たり前)撮ろうとも思えない。

ただ、カメラで楽しみたい。
その同じだけれど、人それぞれの気持ちをたくさん知りたいだけ。

自分も随分、この古い小さいカメラでパシャパシャ撮っているけど、
現像に出して戻ってくるまで、どんな写真になっているかは、いつも不安と期待。
ピントも目測というアナログなだけに、本当にピントが合っているかどうかとかね。
今のデジタルなカメラには想像もつかない世界がそこにはあったりします。

本来、カメラは、部屋の意味。
この小さな黒い部屋に、
ずーっと幾つもの世界を切り取っていきたいね。
[PR]
by curtis_01 | 2006-11-12 20:58 | カメラ

カメラな一日。

昨日は、ローライ35のファンからなるMLで行われた、
『ちょい撮りin東北』に行ってきました。

この『ちょい撮り』は、関東圏では良く行われているらしく、
ローライ35を持ってぶらついて写真を撮る一日というイベント。

東北初幹事は、我がロードスタークラブPPFの一員でもある、えせさわやか氏。
いやあ、MLに入って初めてお互いがローライを持っていることを知ったという。
ここでも“類友”状態。
どんなクラブだ?

で、昨日は関東から1名、宮城県内4名で仙台の街をうろうろ。
駅から中央通、一番町、いろは横丁、瑞鳳殿、そして仙台城天守閣跡。
歩いた歩いた。
でも、集まった人たちが薀蓄語るような野暮じゃなくって、
写真を撮るって楽しい!って方たちばかりで凄く面白かった。

それぞれ撮る対象、惹かれる対象って違うんだねぇ。
みんな同じもの撮るにしても、構図角度違うし、
ああ、こういう風な見方があるんだって気付かされたのが一番の収穫。

そのまま夜はダボスっていう
ベルギービールを飲ませる居酒屋さんで飲むは、語るは。
笑いが尽きない。


1万5千円の小さな中古カメラが
また新しい楽しみを教えてくれたね。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-24 10:34 | カメラ

銀塩。

本日、ローライ35TEで撮った写真を受け取ってきた。

基本的に、トイカメラ(デジカメ)君とローライ君で同じ対象物を撮り、
後日、現像から上がってきた写真と画像で比べっこして楽しんでいる。

それにしても、現像依頼先で写真の発色が全然違うのを改めて痛感。
そういや、そうだったなぁ・・・。

高校の時撮っていた天文写真は白黒だったから、
学校で自分で現像していたし、中学校以来なんだよね。
自分onlyのカメラで好きなカラー写真撮るのって。
EOSはカミサンのカメラだし。

今日、上がってきた写真で、三男坊を撮ったのが
綺麗な抜けのいい色でお気に入り。
今度は、ISO感度換えたフィルム使ってみよう。

・・・・ゾナーレンズ付いたローライ35SEも欲しいなぁ。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-04 20:57 | カメラ

カメラ小僧。

さて、その後の超格安ローライ35TEは果たして使えたのか?

ばっちり使えました!

思ったよりも結構面白い写り方です。
綺麗でシャープな写真というよりは、
自然なそれでいてちょっと古い感じ。

アナログな自分にちょうど良い感じですね。

トイカメラ君はというと、これもデジタルのはずなのに
アナログな写真。(笑

撮っては消し、撮っては消し。
日々、楽しみながら遊んでいます。

↓の写真はトイカメラ君で撮りました。
アナログっぽいでしょ?
c0076652_21421944.jpg
[PR]
by curtis_01 | 2006-08-24 21:43 | カメラ