カテゴリ:M2 1001( 24 )

再燃。

つい、この前、01初号機を友人に譲ってしまった自分。
凄く、空虚な想いをした。

昨日、妻の実家に行ってきたときに、
今のカミサンの車では狭く、子供達が辛いということを実感。
まだ、小4の三男坊が小さいので何とかなったが、
いかんせん、これでは・・・。

カミサンに弐号機を売って、
ミニバンの中古へ買い換える話をした。

01弐号機を手元に置いておく事になった前回は、
「CurtisがCurtisで無くなっちゃうでしょ!」と
泣きながら、売るのを止めてくれた彼女だが、
自分同様、クルマが狭いということを痛感したらしく、
反対はしなかった。

クルマが好きで、ロードスターが好きで、
16年間3台乗り続けてきたが、
やっとこの歳で、自分勝手な話を押し通すのも
辛いという分別がついてきた。

幸いにも、自転車という
とても楽しい趣味が出来た事だし、
今が踏ん切りつけるとき。

今まで、我がクラブ、PPFの皆にも言ってなかったけど
これが初号機を、そして弐号機も売ろうとしているホントの理由。

家族あっての自分だし、優先すべき項目はそれだ。
自分だけって、やっぱりね・・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2006-08-21 15:56 | M2 1001

馬鹿、かく語りき。

昨日も、毎月第2日曜日開催、異車種ミーティング『イッズ・ミー』
参加すべく仙台市泉ヶ岳へ行きました。

来月の『イッズ・ミー』でロードスターのミーティング、『な~んもしないミーティング』も
一緒にやらさせてもらおうと、お世話人“もときち”さんに一声掛けておこうと思ってたんで。

行ってみると、お盆の所為か今回は車の数は少なかったのですが、
久しぶりにもときちさんのジネッタのG4を見ることができました!
やっぱり、いいなぁ。

フェラーリはテスタロッサ、348、400そして、帰りがけにすれ違ったのですが、デイトナ!!
リンクしている『イッズ・ミー』のブログ見てください。
やっぱり、存在感すんごいわ。

でも、個人的にはジネッタとエランが並んでいるのが、
胸に響くんだよなぁ・・・。
やっぱり、“着る”感覚のスポーツカーが好きだなぁ。
c0076652_21192332.jpgc0076652_21194642.jpg

















そこで思ったのは、現在のスポーツカー不振の状況。
クルマの所有率の高まりとともに
クルマへの憧れというものが無くなったうえに、
各個人の趣味の多様化がクルマへ求めるものを
“走ること”から、“楽しむためへの移動手段”へ変わったんだね。
これは自分でも、自転車という新しい楽しみを見つけて、
クルマへの興味が薄れていっているので実感。

でも、だからこそクルマという趣味もキチンと確立し、世に認知されたと思う。
月一のこのイベントに行くと、やっぱりクルマが好きで良かったって本当に思うしね。

これからも、馬鹿な自分は丘の上に立っているんだろうな。
[PR]
by curtis_01 | 2006-08-14 21:24 | M2 1001

快感。

仕事帰り。

新幹線を降りると、西の空には明るい夕焼けが・・・・・。
今日は、本当に気持ちのいい空が広がったので、
早く仕事を止めて帰ってきた甲斐があるというものだ。

駅の直ぐそばに借りている駐車場で01の幌を開ける。
トランクに入れておいたドライビングシューズに履き替える。
水温計も動き出した。
さあ、スタート。

久しぶりのオープン。
走り出すと、今朝までの重く湿った空気が嘘のように
爽やかな風が車内に入ってくる。
上は、雲の切れ端が流れていく。
脇の歩道を歩いている人たちの足取りも軽く見える。

家とは90度方向が違う西へ向かう。
街を抜け、暫し、真っ直ぐの道を走り、
そこから大きく回り道のワインディングを走る。

コーナーが近づく。
ブレーキング。シフトダウン。
小排気量、自然吸気のパーンと弾けるような排気音が響く。
フロントの加重は、サイド、そしてリアへ。
ロードスター特有の自分を中心にクルマが回る感覚。
コーナーをクリア。
砂場で遊ぶガキのように夢中になって走り、
暫らく、この快感に身を浸す。

かなり稚拙な自己満足に過ぎないが、
01を自分の分身とばかりに仕上げただけの価値はあった。

気持ちのいい黄昏。
自転車に夢中で忘れていた、クルマ馬鹿に戻った瞬間だった。
[PR]
by curtis_01 | 2006-07-25 21:01 | M2 1001

集まり。

本日は、“イッズミー”開催日。

仙台市 泉ヶ岳に毎月第2日曜日、クルマ好きが集まる日。
生憎の霧雨の中、自分も、M2 1001で参加。
エアコンを付けていないクルマって、こんなとき不便だね。
フロント側が重くないだけに、
走りに行くと、回頭性が最高なんだけど。

この天候でも、結構な台数が集まっていた。
同じクラブのタケちゃんも来ていて、
会場の彼方此方を様々なオーナーと話をしながら見て回った。
様々なクルマが見られるとともに、
年齢関係無しで、クルマ好きとの話ってやっぱり楽しい。

そのまま二人で、午後から開催のクラブ“PPF”のミーティングへ。
ここも結構な人数が集まり、車座に座って談笑。
気の置けない仲間とのクルマ以外の話で盛り上がる。
これもまた楽しい。


クルマが好きってだけで、歳も、仕事も関係無い人との繋がり。
おかげで、この15年間に自分の世界はかなり広がった。
01に感謝だね。


さて、サブチーフ“K”氏から戴いた自転車のローラーで、
これから毎日トレーニングだ!
ありがとうございます!
[PR]
by curtis_01 | 2006-07-09 17:59 | M2 1001