カテゴリ:M2 1001( 24 )

もし。

もし、貴方の一番大事にしているモノを他人により失うことになってしまったら・・・。
あなたは何を思いますか?

本当に今日、友人の愛車にあったこと。

夜にその友人に会ったとき、
自分だったら、相手に危害を加えてしまうと言った時、
「もう、そんな気にもなれない。」の一言に深い悲しみというか,辛さを感じました。

クルマに何も想いいれの無い方々には笑い話にしか思えないでしょうが、
私はクルマが、ロードスターが好きで、特にM2 1001というクルマについては、
時間もお金も、そして何より自分の情熱を傾けてきました。
ついこの前まで売る決意をしたのに、とても売れなくなる、
それこそ、自分の分身が別れられないといえるくらいに。
だからこそ、クルマを失ったらと自分のことに置き換えると辛いのです。

彼の気持ちが解るとか、そんな不遜なことは言えません。
結局その人の痛みは、当人で無いと解らないものですから。

でも、辛い。

せめて、彼の痛みが少しでも和らぐ日が来ることを祈るしか、
私には出来ないのが歯痒いです。

だから、皆さん。
クルマは一瞬にして相手の幸せを奪うこと、
この恐ろしさも知ってください。
[PR]
by curtis_01 | 2006-11-09 00:23 | M2 1001

シフトチェンジ。

昨日は、職場の歓迎会で温泉にお泊り。
職場のみんなは、なかなか面白く、いい人達で、
話していると凄く楽しいんだけど、2時まで話し込まれるのはちょっと辛い。

朝の5時。
目が覚めたので、そのまま先に帰る事にした。
久しぶりに、夜が明けていく様を見ながらのドライブ。
霧のかかった峠では、昔、クルマでの走りに夢中だったことを思い出す。

そういえばって気付いたのがシフトチェンジ。

20年以上マニュアルシフト車に乗っているし、
無意識にアクセルでエンジンの回転数を合わせてシフトを繰り返している。
状況に合わせて、クルマに適正に。


なんか、日々の生き方に似ているね。
自分の気持ちに合わせて・・・さあ、今は?
[PR]
by curtis_01 | 2006-10-28 09:45 | M2 1001

安上がり。

今日も疲れたなぁ・・・。と、ため息ひとつ。
駅を出て直ぐそばにある広大な駐車場に停まっている01に近づく。

ライトに照らされている01のボディの曲線は、
それほどグラマラスなものではないのに
この頃のシャープなラインを基調としているクルマと違って
艶っぽく綺麗だと思う。

ドアを開けエンジンを掛けて、上着を脱ぎながら乗り込む。
ほんのちょっとの暖気。

ふと、気付くと燃料計の針が、フルの位置を指している。
昨日満タンにしたから正しい表示だ。

当たり前だって?
普通のクルマや、ノーマルのロードスターは当たり前でも
たった300台作られたM2 1001のメーターは結構アバウトなのだ。
10L程度違うのは普通、
満タンにしているはずなのに、エンプティを指していたりね。


だから、ほんのちょっとしたことだけど、凄く嬉しかったんだ。
安上がりかな?
[PR]
by curtis_01 | 2006-10-18 22:09 | M2 1001

秋空。

朝、6時。
昨日早く寝たおかげですっきりと目が覚めた。

昇ったばかりの朝日に照らされているガレージのシャッターを開け、
01のエンジンに火を入れる。

空の雲は昨日同様にかなりのスピードで東へ流れている。
この様子では、山で一雨降られることを覚悟しなきゃな。
そう思いつつも、幌を開け放つ。

久しぶりのいつもの山だ。

ダム湖を過ぎ、高速コーナーを気持ちよく抜けたところで
白いフェラーリ360モデナとすれ違う。
そのボディサイドの汚れが気になる。
村営の温泉宿を過ぎ、九十九折のヘアピンに入ると
さっきまで降っていたのだろうか、路面は濡れている。
そのうえ、一昨日からの荒天で、落ち葉、折れた木の枝が散乱している。
これでは、踏み切れない。

仕方ないと諦めツーリングペースで走る。
まだ、風は強く、高度の高い山の上では、流れる雲の中に突っ込んでいく感じだ。
雲の中の水の粒が体の熱を奪っていく。
山の上にある湖まで一気に上る。

駐車場に01を停めると、泉ヶ岳ミーティングで顔見知りの方が
白いエリーゼ・フェイズ1でいらしていた。

「オープンで来たの?寒くないの?」
「いや、寒いですよ。」
「エリーゼには幌してきたよぉ。」

ロードスターに乗り始めてから、16年。
寒さには耐性ができた自分だが芯から冷えている。
カメラの話、自転車の話といろんな話に花が咲く。

エリーゼオーナーの方はこのまま奥さんと足湯に浸かるということで、
そこでお別れをし、山を下る。

家に着くと、雲も切れ青空が広がっていた。
庭先で、クルマの汚れを落としていると暑いくらい。
上でもこの天気だったら良かったのになぁ・・。
[PR]
by curtis_01 | 2006-10-09 20:38 | M2 1001

大雨の休日。

これはなかなか辛い・・・。

天気予報では、明日からは天気が良くなりそうだが、
明日は、次男坊の部活の試合のお手伝いで泉ヶ岳ミーティングにも行けない。
不完全燃焼の連休か?

2~3日前の新聞に“いつもの山”の紅葉の写真が載っていた。
何処かブログであの山を根城にする妖怪扱いされていたけど
そういえば、ここ2ヶ月01で走りに行ってない。

よし、明後日、久しぶりに山に行こう。

そうとなればと大雨の中、01のオイル交換に行ってきた。
エンジンとデフオイルの交換しめて1万円Over・・・。
クルマはやっぱりお金掛かるな。

オイル交換後って気のせいかもしれないけど、
やっぱり気持ち良さそうにエンジンが回る。

まあ、この大雨で路面は砂とか浮いて危ないだろうから
ゆっくりとツーリングだね。

うん、久しぶりに楽しみだ。
[PR]
by curtis_01 | 2006-10-07 17:40 | M2 1001

洗車。

昨日は疲れすぎてて、帰宅後晩御飯も食べずにシャワー浴びてそのまま寝床へ。
おかげで、空腹で朝の5時に目覚めた。

少し雨の残る夜明け前の暗い空を眺めてため息一つ。
PCのスイッチ入れて、大好きな映画、
『紅の豚』を観た。

やっぱり、男ってこんなガキみたいな気持ちに成れるのが
いつになっても最高なんだなぁ。
一番クルマに熱くなっていた頃、大好きな山で明け方に
ナローポルシェやいろんなクルマとバトルしたことを思い出す。

それは、利己主義で稚拙な行為。悪いことだと認識している。
でも、クルマで“走る”ことは止められなかった。
絶対、善い人にはなれないな。

夜が明けて、雨も上がったので久しぶりに洗車。
自分の洗車は普通に汚れ落として、ワックス掛けるだけ。
小さい、曲線で形作られた車体は洗い易い。
洗い終わったクルマで、近所を一周して水切り。
洗車したときに、クルマが喜んでいるような気がするのは何故だろう。

空は晴れてきた。

・・・・ごめん。
今日も自転車で出かけるわ。


デジカメのトイカメラ君。
面白い画質だなぁ。

c0076652_85724100.jpg
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-30 08:54 | M2 1001

1989秋

オープンにした、タン色の内装に朝日が眩しく差し込んでいる。
空は、朝までの雨が嘘のように晴れ渡っている。
秋の青空だ。

国道のシングルナンバー。
片道3車線の広い道。
休日の朝のせいで他のクルマの数も少ない。
濡れた路面、真ん中の車線をグリーンのロードスターが真っ直ぐ進む。
サイドミラーから、跳ね上げた水に日光が白く反射しているのが見える。
その水音に、笑みがこぼれる。

出たばかりのV-spが納車になってはじめて、
800km離れた街から会いに来てくれる彼女の出迎えだ。

広い国道を左折して、空港への道に入る。
シフトダウンとともに、ウッドベースの高い弦を弾くような
小気味良い排気音が響く。
サングラスをかけていても眩しい朝日が、
濡れた路面を、すべてを白く照らす。

このクルマを見て、彼女はなんて言ってくれるだろうか?
オープンにして助手席に彼女を乗せて走る、そんな夢が叶う。
そんなことが頭に浮かぶ。

空港の駐車場にV-spを停める。
会いたかった笑顔へ駆け出す。


あれから16年。
あの時、会いたかった笑顔はすぐ隣にある。
ロードスターがくれたものは、かけがえの無いものばかり・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-12 21:38 | M2 1001

なーんもしない。

朝の5時前起床。

porco氏に電話を入れながら朝ごはん。
当初の予定では、porco氏に33rpmと私を乗せてもらって、
泉ヶ岳の麓まで行き、そこからヒルクライム。

最初っから自転車で行こうかなぁ・・・・。

でも、怪しげな天気。
天気予報では、曇りベースで推移しそうだけど・・・。

よし!
「自転車で行きます!」
「マジで?長距離走ってあの泉ヶ岳の坂はキツイぞ!」

いそいそとヘルメット被って、グラブ嵌めて33rpmで出発!

・・・・3km走ったところで雨が強くなり、服が濡れて肌にべったり。

帰宅。

屈辱感の中、着替えてM2 1001で再出発になりました・・・。

最初の会場はキャンプサイトで、『PPFさんまを食す会』の場所取り。
朝の7時から、まったり宴会・・・。これが良いんだ。
あーでもない、こーでもないってゆったり。
しかし、すっかり雨知らずの天気になって、
当初のとおり、porco氏に乗せられてくればよかったと後悔。

10時頃に下の『泉ヶ岳ミーティング』に混ぜてもらっての
『なーんもしないミーティング』。
これまた、いつもお会いしないロードスター乗りの方々と色んなお話。
28、東京リミテッド、エンジンヘッドを綺麗に磨いたマリーナブルー、
自作とは思えない程カンペキなメーター周りのホワイトのNA。
3台並んだNC。グレーとブルーは福島、東京からお出でいただいてました。
V-SPの美しい女性の方。いつもすれ違っていて気になっていたんですよ。

For SALEのつもりで01を皆さんの試乗に供したのですが、
「売らないほうがいいねー。」
「絶対惜しくなるって。」
「買い戻すことになると思うなぁ。」
「悪いこと言わないから、止めときなって。」
「ダウンヒルに最高のセッティングだね。」
「月一万円の分割払いなら買う。」

と最後の一言以外は、皆さん反対。
もう既に“Curtis=01乗り”の方程式が出来てるみたいですな。

まあ、ゆっくり考えましょう。

最後はPPFとその仲間達って感じで、
3時半頃まで遊んでいました。

会場では、何かと失礼したかもしれませんが、
皆さん本当に有難う御座いました。
いやー、HAPPYな一日でした。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-10 17:21 | M2 1001

週末。

ああ、休みだぁ・・・・。
今週は疲れたなぁ・・。
でも、明日は家族の用事にしっかり対応予定。

だって、明後日の日曜日は、仙台・泉ヶ岳ミーティング
そして同時開催させていただく
RCOJ(ロードスター・クラブ・オブ・ジャパン)の
“なーんもしないミーティング”もあります。
ただ集まるだけっていうシンプルなミーティングです。
これは、これで面白いんだ。

でも、実はその会場からほんのちょっと離れたキャンプサイトでは
我がクラブPPF(パワフル・パフォーマンス・フリークス)の“さんまを食す会”が開催。
そっちがメインね、個人的には。(笑

往復100kmかあ。
自転車で行きたいなぁ・・・・。

とりあえず、明日の朝は朝サイクリングだな。
[PR]
by curtis_01 | 2006-09-08 21:03 | M2 1001

有為転変。

いにしへは露分けわびし虫の音をたづねぬ草の枕にぞきく
                          花山院師賢

   昔は、露に濡れた草叢を分け入る苦労をしてまで聴こうとした虫の音を
    尋ね求めもしない今、旅寝の枕元に聴く。


ラジオからJimi Hendrixのぶっ飛んでいる太いギターの音が流れている。
それに負けじと、シフトダウンした01弐号機のマフラーから
ビートの効いた音が吐き出される。

いつものように、駅から帰りの回り道。
今のざらついた気分にJimiのギターはマッチする。

それこそ昔は、ハードなギターの咆哮を上げるように
01初号機で攻めた走りをしていた。
ブレーキング、シフトダウン、コーナーをクリア。
その全てのタイミングが噛み合った瞬間の快感。
この世界の中でとびきりの一瞬だと思っていた。

そして今。
クルマをドライブすることは相変わらず楽しいけど、
あの瞬間に対して、一歩下がった自分がいる。

有為転変。
世界も移り変わるが、自分も変わる。
[PR]
by curtis_01 | 2006-08-28 20:41 | M2 1001