カテゴリ:徒然草( 329 )

夏の声

夏の夜のかたわれ月に照らされて恋しさ詠うひとりの蛙(かわず)
[PR]
by curtis_01 | 2012-06-28 21:58 | 徒然草

ぎゅっ。

昨晩、部屋に入ってきた妻をギュッと抱きしめた。

「なによ」

「ボケても、事故ってヤバい状態になってもこの感触で戻ってこれるように」

妻は逃げると思ってたのにじっとしている。
しばらくすると洟を啜る音。

「ボケても半身不随になっても添い遂げるんだから」
声を詰まらせながらポツリ。

「そうだね」
妻の頭を撫でながらそう返す。

本日、久しぶりに体調不良で有休。
健康にならなくちゃ。
長生きできるように、添い遂げられるように。
[PR]
by curtis_01 | 2012-06-12 20:06 | 徒然草

金環日食

土曜日からTotal1300km越えのShort trip!
色んな用事に合わせて家を離れた長男、次男と久しぶりに会って来た。
一人暮らしを始めた所為か、久しぶりに会う2人は人間が丸くなった来た気がする。
良い傾向だね。

そして昨日までは曇天の埼玉。
今朝の5時に起きて、曇っていたら高崎まで走って晴の場所を探そうとまで思っていたら、
薄い雲が掛かっていたけど、太陽は明るく顔を出していた。

6:20頃から掛け始める。
ご近所の方々も外に出てきて「おー、欠けてる!」「見る間にどんどん欠けていくぞ!」
老若男女問わず空を見上げている。
7:10頃には周りは夕方のようにオレンジ色の光となり、薄暗くなっている。
スズメが騒ぎ、犬が彼方此方で吠えている。

7:30頃、大きく欠けた太陽に月が入り込み大きなリングに。
周りの人々から思わず漏れたという感じの歓声。
誰もがこの一瞬を共有している実感。

僅か5分足らずの貴重な、そして念願の金環日食が観れた。
小学生の頃から口径8cmの屈折式天体望遠鏡で天体観測に明け暮れていただけに
今日のこの日は30年前から楽しみだった。
ドリカムの“時間旅行”の前からね。
月が太陽を出て金環日食が終わるとともにため息が。
満足感ともっと見ていたいという気持ちから。

時間の経過とともに周りのオフトーンの景色が段々と明るくなり、
5月の日差しが戻ってくる。
とうとう終了。

この2泊3日。
息子たちに会って、その上、金環日食。
別れた後、終わった後の寂寥感はあるけど、
会えた事、観れた事に感謝したいね。
[PR]
by curtis_01 | 2012-05-21 22:02 | 徒然草

夜桜


ひそやかに想い続ける君のこと月も知りえぬ夜の桜と
[PR]
by curtis_01 | 2012-04-24 23:32 | 徒然草

開花宣言。

今朝、通勤時に銀杏坂を上った先の公園で
まだ若い華奢な桜が咲いていた。
やっと花が咲いたんだと、嬉しくって仕方が無い。
県庁脇の大きな桜の木は赤みがかった蕾で開花直前という感じ。

夕方届いたメールには、
平成になって一番遅い桜の開花宣言だったと書かれていた。

残業帰り。
朝見た県庁脇の桜も2分咲きって感じで咲いていた。
やはり一番好きな花は桜。
和歌でも花(=桜)に関する歌が好きだ。
花を多く詠った西行の歌の中でも

 風さそふ花のゆくへは知らねども 惜しむ心は身にとまりけり

これは特に好きだな。
よく語られる事だけど、やはり散りゆく姿の儚さは切なく美しい。
そして諸行無常の哀れを感じさせる。
望みが叶うなら、永久にと思う事が多いのにね。


いつ咲くとこころ惑わす桜花 咲けば永久にと恋の如くに
                            curtis

いつか桜の花でいい歌詠みたいなぁ・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2012-04-20 00:30 | 徒然草

メール。

もう逢う事もないのに、一日に2、3通のメール。
断ち切れそうな細い糸なのに嬉しく、そして切ない。

しわくちゃの梅干しババァになるように
ずーっと、笑わせてやるって言ったのは
本気だったんだけど、覚悟の無さか、弱さ、狡さか。
タイミングが合わなかったで片付けるのは、
あまりにもご都合主義すぎる。

いずれにしても、今年も桜が咲く。
それぞれ別々に眺める春の花が。

その散りゆく儚さを惜しみながらメールするんだろうな。
[PR]
by curtis_01 | 2012-04-05 00:02 | 徒然草

自転車馬鹿、狂喜乱舞する。

今日、休日なのにちょっと用事があり、先ほど帰宅。
家に着くと、Wiggleの箱。
差出人を見ると、『あえさん』

開けてみると、ワッフルにブラウニー、チョコパン!
何処かで見た景色って、あえさんのブログの中で手土産にって紹介されていた品々!

いつも写真で『美味しそう!』って、涎流しながらコメントしていた実物が目の前に!
体重増加に危険な時間帯なのに早速チョコチップワッフルを手に取る。

ひとくち・・・うまっ、うまっ、うまっ、うまぁぁぁー!

しっとり、さっくり、甘さもちょうどよく、そしてお店のモノと違う雑味の無い美味しさ!
ヤバいっす、太っても良い!って自転車馬鹿にあるまじき思いに捕らわれる。
最高です!

あえさん、ありがとーーーーーーーー!

c0076652_23203959.jpg

[PR]
by curtis_01 | 2012-03-25 23:20 | 徒然草

自転車馬鹿、徒然思う。

昨日、注文していたフランス、ノレブ社のミニチュアカーの到着。
ロードレースでオフィシャルサポートをしている黄色いマビックカー。
1973年当時の自動車ラック付プジョー 504。

ノレブ社は年に1モデル、ツールドフランスがらみで
自転車のアシストカーか、コマーシャルカーを出している。
アシストカーか、サイクリストのモデルだけ買っているんだ。
これが楽しみの一つ。
c0076652_19164266.jpg












実は、このクルマのミニチュアは箱違いで2台目。
黄色いツールドフランス公認箱付きは
数年前に買ったという馬鹿っぷり。


仕事で管財担当もしてるんで会社の施設貸与がらみで、今日午後から石巻へ。
海沿いにある施設の確認後、日和大橋等を走る。
陸側は、倒壊しそうな家、コンクリート造りの学校は窓はすべて失われ、
大きなタンクは横倒しのまま。
つい1年前までは住宅街だったはずの何もない更地。
ニュースで流れるままの高さ20mはあろうかという瓦礫の山。
津波に呑まれ大きくひしゃげたクルマたちの山。
乗っていた人たちは無事であったと現実を無視して信じたい・・・。

ただ、視線を左から右に移すと穏やかな海。
3・11を過ぎるとこの地のことを徐々に報道しなくなる
TVプログラムのよう。

震災当時、このブログで言った事を『』で追記して再び。

皆様の被災地を思う気持ちが、
『また』一年後にも持ち続けていただければ…
そういう方々がたくさんいてくれたら…
と、切に願っております。
[PR]
by curtis_01 | 2012-03-24 19:34 | 徒然草

3.11

Rest in peace.

I'll never forget you.
[PR]
by curtis_01 | 2012-03-11 22:34 | 徒然草

自転車馬鹿の春への想い

朝、5:45起床。
枕元の真っ黒クロすけの姿が薄明の中
見えるようになってきた。

6:30出勤で家を出る。
既に太陽は地平線より上に位置している。
つい一月前は通勤中に日の出を見ていたのに。

今朝も気温はマイナス5℃。
寒さは冬真っ只中なのに
陽射しは徐々に春に。

冬は春へ。
凍てついた地も芽吹きの地へ
そう、人間万事塞翁が馬。
増員になっても相変わらず多忙の毎日だけど、
いつかは笑いながら自転車に乗れるようになる事を
沢山期待して(笑)

蔵王というか、今年1年間レースは諦めました。
ま、乗れていないし、膝も不安だしね。
次の冬なら時間も取れるようになるだろうし、
そしたら切るの覚悟で病院行きます。

え?直ぐ行けって?
無理無理無理。
仕事で雁字搦めだし、
春から秋まではほんのちょっとの時間でも
自転車に乗りたいもん(我儘)
[PR]
by curtis_01 | 2012-02-21 23:46 | 徒然草