一緒に

昨日の夜。
また昔馴染みからお呼び出し。
寿司屋のテーブル席。

「なんで、一緒にならなかったのかなぁ?」
“なんでコーヒーに砂糖入れるのかなぁ?”
そんな軽い言い方で彼女のひとこと。

「だって、タイミングがズレまくっている二人だもん。」
おもわず笑いながら答えてしまう。

「そういえば、そうねぇ。」

「でも、一緒にならなかったから、別れる事も無いじゃん。」

「だから、二人でいつもご飯が食べれると。」

「そうそう。」

「ごちそうさまぁ。」

「こら、今日はお前が奢るってメール寄越したろうが。」

「“食事代を持つのはオトコの常識”でしょ?」

「それはお前以外。」

「ひっどーい。」


いつまでも、一緒に笑い合える友達で。
[PR]
by curtis_01 | 2008-06-27 23:50 | 徒然草
<< Punk! 33rpmな日。 >>