完走。

今日の一言。
『たつおさんの上りは強い!!』


AM7:00

雨は上がっていた。

海に近いスタート会場に早く着いたんで、電話をかけながら浜辺へ歩く。
「くまちゃん、ボトル忘れちゃった。貸してよ。」
「・・・凄いなぁ、Curtisさん。飲まないで走る気?」
「だから、」
「うん、持って行きますよ。」

海には黒いウェットスーツに身を包んだサーファーたちが
盛り上がった波に期待をかけて、
パドリングでスピードをシンクロさせてから波に乗っていた。
しばらく、ボーっとそれを眺める。

受付の時間が近づいてきたのを携帯で確かめてから、会場に戻る。
くまちゃん、SHOちゃん、SHOちゃんの後輩のハタケくん。
結構受付ギリギリ・・・。

二輪工房佐藤のたつおさんに挨拶をしながら、
出走準備。
そしてスタート。
5分おきに15人位ずつ走り出す。
幸いなことに、健脚のハタケ君と同じ組でスタート。

と、1km走ると向こうからSHOちゃんが、バイクを押しながら戻ってくる。
「どうした?!」
「落車でホイールが歪んじゃって・・。残念ですが、リタイヤします。」
本当に残念・・・。

その後は、ハタケ君としばらく同行。
今回、彼には助けられた。
道に迷いそうになったのを3度も直してくれた。
ありがとね。

その後、結構いいペースで走るグループに付いたりしてペースの維持に気を使う。
松川浦で、海沿いの真っ直ぐ続く道を走るときは、
青い空、青い海と白い波頭が左の視界いっぱいに広がった。
胸をすく快感。

しばらく内陸を走るときに、途中から合流していた二輪工房たつおさんに
曳いてもらったりして折り返し地点まで。
おかげでペース維持も出来たし、それよりも補給食の取り方も勉強できた。
なにより、坂の上るスピード!!!
強すぎだってば・・・。

折り返してからは、ちょっと飛ばしたくなって、先頭を曳いて走る。
メーターで残りの距離を確認しながら、ペースを上げる。
やっぱり、海沿いのストレートでは景色に満足。
カップルばっかりなのを見て不満足。
“いいなぁ。俺って何やってんだろ・・・。”

何とかゴールまでたどり着く。
メーター読みで
走行距離161km
走行時間5h45m
平均速度27.8km
正式な結果(休憩時間も込み)は後日送付。

疲れたけど楽しかった。
なにより、自分が160km走れるって分かっただけでも嬉しい。
これも、チームの皆や、一緒に走ってくれた参加者みなさんのおかげ。
そして、リタイヤしたけど、補給食やドリンクをサポートしてくれたSHOちゃん。
みなさん、ありがとうございました。

あの海沿いの道の青い景色は一生忘れないだろうね。
[PR]
by curtis_01 | 2008-06-01 22:32 | 自転車
<< マケナイ。 自然体。 >>