緑色の・・・

上はパーカー、指だしグローブにコットンキャップ。
ダボっとしたワークパンツの右裾が
チェーンに噛みこまないようにパンツガードを巻く。
そんなラフな格好でも、
この自転車、SURLY cross×checkには似合う。

昨日まで二日間、ロードのデローザで
飛ばしてばかりいた所為か疲れた。
こんなときはリラックスさせてくれる
cross×checkで散歩が一番。
空気圧のチェックをして、
すぐに跨って走り出す。

革のサドルは、尻の形に馴染んだ所為か
サイクリングパンツを穿かなくても痛くない。
のんびりと風を切って脚を回す。

今にも雨が降り出しそうな灰色の空が
かえって田植えが終わった水田の苗の緑や
萌黄色の木々を鮮やかに見せる。
そして乗っている自転車は濃い緑。
わけもなく笑ってしまう。

ん?
ワークパンツのバックポケットに入っている
携帯が振動している。
自転車を止め、携帯を取り出すと『新着メールあり』。

開けてみると昔馴染みからの簡単なメール。
内容に思わず頬が緩む。

返信。
“よかったな。”

また着信。
“うん、ありがとうね。”

携帯をポケットにしまい、ゆっくりと走り出す。
大事なヒトが幸せになるって、こっちまで嬉しくなる。
まるで、緑色のいい風が身体を通り過ぎていくような感じ。
そう、どんよりとしたこんな天気の下でもね。
[PR]
by curtis_01 | 2008-05-06 00:28 | 自転車
<< Please smile. 雨のち晴れ。 >>