「ほっ」と。キャンペーン

星へ。

SURLYで丘の上に出た。


会社の窓から見える、
逢う魔が時の蒼い空に惹かれて
冷たい空気を切って走ってきた。

すでに空には、星たちの様々な絵が描かれている。
天体望遠鏡を夢中で覗き込んでいた頃を思い出した。
あの時、僕に付き合って、
一緒に星を眺めていた君は元気だろうか?


両手いっぱい広げて、星たちを胸に深呼吸。


僕は元気だよ。
いまも精一杯楽しんでいる。
いつもこの世界は素敵だ。

そして、
もう二度と逢うこともないから、
笑顔で君を想えるよ。
[PR]
by curtis_01 | 2008-04-29 00:09 | 徒然草
<< 飛ばして。 負けた日。 >>