SURLYな日。

昨日は、ものすごい地吹雪で自転車に乗れずに悲しい休日。
まあ、メールで家に送っていた仕事と原稿が進んだので
良かったとポジティブに(笑)。

今日は、会社のイベントの手伝いに朝7時に出発予定。
起きると、無茶苦茶寒い!
温度計はマイナス5℃。
今日の最高気温は2℃って言ってたなぁ・・・。
当然、クルマで出発。

あくまでもサービス出勤なんで、普段着で。
ブラウンのダウン。
濃いベージュのワーキングパンツ。
ブラックのニットのキャップ。
Rh+のサングラス。

イベント会場に行ったら、他の部門の上司に
「・・・どこのヤンキーにーちゃんかと思った・・・。」
ちょっと柄悪いかなぁと思っていたけど、
あまりに失礼でないかい?(笑)

そのまま10時ごろまで手伝いをしてから家に帰る。
遠回りだけど、いつものロード練習コースを回ってみると、
半分が昨日の雪でドロドロのウェットor風通しのいいところは凍結路・・・。
うーん、ロードで走るのは無理か・・。
と、あきらめながら実家に近づいていくと、5km付近辺りは結構ドライの路面。
短いけど繋げればグルッと一周できそう。

というわけで、少し太いタイヤ(28c)を履かせているSURLY Cross-Checkを出す。
もしも、突然、凍結路に遭遇したときも、
クリート付きのシューズを履かなきゃいけないロードよりは安全だろうしね。

久しぶりの自転車に上機嫌で走り出した。
が、寒いよ。寒すぎ・・・。

息をすると、喉と胸が痛い。
日陰では、やっぱり路面が凍結しているし。
それでも、田んぼで餌を探す鴨や白鳥を眺めたりしながら走るのは気持ちがいい。
SURLYって、こんな過酷な状況でも凄く楽しいっ!って思える自転車なんだよね。

途中、丘の上に出たところで休憩。
明るい日差しの中でボトルの水を飲む。
すっと見上げた青い空に、なぜか心がホッとした。
青空を見てこんな気持ちになりたいから
自転車に乗っているんだね、俺。

SURLYくん、ありがとね。
[PR]
by curtis_01 | 2008-01-14 17:55 | 自転車
<< 刹那に ユキノアサニ >>