戦友へ

辛くって、苦しくって、何でって思うけど、それでも走りたい。
それがロードバイクの快感だった。
その世界に引き込んだ奴がいる。

たった1~2年で自分がレースにまでとは思いもしなかった。
楽しいレース、そして最高の仲間たちだった。
だから、またあのチームで走れることを楽しみにしている。


君がレースに戻って来れるようになるまで、待っているぜ。

戦友。
[PR]
by curtis_01 | 2007-12-25 23:10 | 自転車
<< Everything'... dessert. >>