雪に願う。

pm8:30

市街地の大きな市民公園。
MTBの“33rpm”で石畳の階段を上ったり、降りたり。
地味に見えるけど、結構ハードだ。
白く弾む息が浮かんでいる。

残業帰りのサラリーマンやOL達が
チラリと視線を送ってきて
呆れた顔で通り過ぎていく。

イレギュラーに飛び込む仕事で疲れていたのと、
ここのところロードで走り回っていた所為なのか、
スピードや距離だけじゃなく、ただ遊びたくって、
早く帰り部屋で着替えて“33rpm”を持ち出した。

街をゆっくりと流す。
どんな道も段差も、何も気にしないで。

赤信号で止まる。

サラサラと雪が降ってきた。
空を見上げる。

謝りたい人がいる。
疲れてきっていた、その言葉を心情を汲めなかったと。


気付かずに言ってしまった言の葉よともに消えゆけ今宵の雪と
                               虚空
[PR]
by curtis_01 | 2007-12-04 22:10 | 自転車
<< 女友達。 狐の嫁入り >>