自転車馬鹿、不甲斐なさに泣く。

夏休みも残すところあと1日!
PCのある環境だけに連投している私。

そのうえ自転車三昧の自転車大馬鹿野郎です。
今日は、長男坊の原チャリ免許取得用運転手で乗ってないけど。(涙)

11日
朝7時にメット装着のうえ、Cross-Checkで
大和・大郷・利府とぐるっと3時間。
途中、松島まで行こうかと思ったけど、暑くってやめて正解だった。
部屋で水風呂に浸って、意識を取り戻したしだい・・・。
まあ、その後ももの足らなくって街へCross-Checkで散歩に出かけたんだけど・・。

その晩は、街中で従姉のさとこねーさんがやっているビストロで、
毎年恒例『従姉弟会』。
十数人が集まり、ワインを何本も・・・。
さとこねーさん「アンタが、一本以上空けたんだからね!」
・・・すみません。

12日
ロードスタークラブPPFの大沼君からのTELで爽やかに起床。
いや、床の上じゃなくってバスルームで寝てたけど・・・。

その電話で泉ヶ岳の大駐車場で毎月第2日曜日行われる異車種ミーティングで
8/26ハイランドで開催のママチャリ4時間耐久レースの打ち合わせをするのを思い出した。
M2 1001は車検中で、交通手段は自転車だけ・・・。
オイラを自転車馬鹿にした張本人Kohki君に電話すると「待っているから。」

ワインが全身の血の2/3を占めているような状態でCross-Checkに跨る。
泉ヶ岳麓までも途中何度も帰ろうかと思うくらい脚が回らない。
それでもなんとか坂が始まるコンビニ迄到着。
ここで、ちょっと休憩してボトルに水を足して
何か忘れている気がしたが、そのまま出発。

つっても、よくもこの坂上るよ、皆は・・・。
ロード初心者50分。マジやっている人で20―30分。最速タイム18分。
“無理しない。”そう思いながらも息が切れる。足が重い。

半分ぐらいまで上っただろうか、呼吸が辛くなり、眩暈と吐き気。
自転車を地面に横たえて、側溝へ向かい吐く。
気持ち悪い・・・。ボトルのキャップを開けて口の周りに掛けて洗い流し、
KohkiくんへTEL。
「駄目、帰る・・・」

「ちょっとそのまま休んでいて。」
と暫くすると、友達とお迎えにきてくれ・・・・・ってあなたなぜ、裾を捲くっている?

「ちょっと、上ってみようかと・・・。」

仕事もドクターストップ中だろ?

「これくらいなら・・・。」

で、彼は走りましたよ。激坂一本。
それにしても、上半身の振れの無さ。ペダリングはきれいだ・・・。
流石に、身体に辛くストップした彼とまた代わって、ミーティング会場まで上った。
会場で、PPFの若者連も混ぜておしゃべり・・・・って俺はほとんど横になっていたけど。
イッズミー主催のもときちさんには
「もう二度としません!」って言ったけど、
悔しいなぁ・・・。脚力をもっとつけて、再度リベンジだなぁ。
うん、また走ろう!


帰り、何も食っていないことに気付いたときは既に遅く
・・・ハンガーノックで死にました。
[PR]
by curtis_01 | 2007-08-14 17:31 | 自転車
<< 夏の午後。 夏祭り >>