「ほっ」と。キャンペーン

夏もなほ・・・

夏もなほ心はつきぬあぢさゐのよひらの露に月もすみけり
                           藤原俊成

  秋だけじゃなく、夏も心が尽きてしまう・・・
    紫陽花の四片についた露に月が宿っているのを見つめていたら・・・。


梅雨らしくない爽やかな夜。
小説から目を離し、部屋の窓を見ると
半分をちょっと太らせた月が明るく輝いている。

今日は午後から会社の休みを取り、月一の診察。
今回の結果は『相変わらず』からちょいと『-α』ってところ。
直ぐに部屋に帰りたくなくって、
そのまま自転車で40kmほどひとっ走りしてシャワーを浴びた。

静かな風が頬を撫でる。
その感触が、自分の『いつか』をRealに感じさせる。

“ひとつ望みが叶うなら、みんなの記憶から自分を消して欲しい。”
中空の白い月にそんな願いをこめられるうちは、まだいい。
疲弊して心が尽きてしまったら、僕はどうするのだろう?
Cross-Checkよ、お願い。
強い心を僕に。
[PR]
by curtis_01 | 2007-06-25 20:37 | 徒然草
<< イメチェン?? 自転車日記 >>