月夜と梅の花と

月夜にはそれとも見えず梅の花香をたづねてぞしるべかりける
                             凡河内躬恒

   月明かりが眩しい月夜には、見えなくなる梅の花
      香りを頼りに探してこそ、咲いている場所が分かるのです。


隣家の梅の木に降り注ぐ月明かり、
蒼い闇の中、白い花が眩しく輝く。
ドビュッシーのピアノ曲、『月の光』のフレーズが頭をよぎる。

ひっそりとした静かな時間。
春の夜から疲れきった自分へのプレゼント。
[PR]
by curtis_01 | 2007-04-04 01:29 | 徒然草
<< smile. 自転車馬鹿Jr誕生する。 >>