カエル好き

日曜日、友人ちばくんにとある企てのために
ポルシェ911(type930)で来てもらった。
やっぱり良いなぁ・・・・このクルマ。
企てについてはまた別なお話ってことで、今日はクルマ、ポルシェについて。

スーパーカー世代ど真ん中の自分にとって、
所有して乗ってみたいクルマの№1はポルシェの911。
それもtype901から964までのカエル顔のヤツ。

空冷エンジンにこだわる人は993までだろうし、
最新のポルシェが最良のポルシェの法則に従うのなら
やはり最新モデルだろうが、自分はデザインで見てしまう。
993以降はどうもイモリに見える。
同じ両生類とは云っても大きく違うのだ。

カエルはフランス料理で美味しい一品として出されるが、
イモリは黒焼きにしてオネショの薬ぐらいだ。
昔、ボーイスカウトで自給自足のサバイバルなキャンプに
参加したときに両方食べたことがあった。
カエルは鶏肉のようで美味しく、イモリは白身魚のようだった。
好みの問題だろうけど、カエルの方が美味しかった。

やっぱりカエルだ。

個人的に究極と思う911は
964のワンメイクレース用カップカーを
ロードゴーイングカー仕立てにしてごく僅か生産されたヤツ。
ボディ同色に塗られたロールケージが張り巡らされ、
内張りも外され、これまたボディ同色の鉄板が剥き出し。
そして低く構えた車高。
そのまんまカップカーに助手席をつけたような
乗る時には、耳栓が欲しいような冗談みたいなクルマだ。
これで色がホワイトだったら完璧だなぁ・・。

そういえば、カミサンは自分と同じ生物学系学部だっただけに動物好き。
それもカエルが大好きで、特にモリアオガエルと、
シュレーゲルアオガエルは見つけるとカメラを取り出し、大騒ぎな人だ。

Curtis「夫婦は似るって云うけどホントだね。同じカエル好きだし。」

カミサン「え?カエル好きだっけ?」

Curtis「うん、ほらこれ大好き。(964RSの写真を見せる)」

カミサン「・・・・・決定的にあなたと私は違うと思う。」
[PR]
by curtis_01 | 2007-02-14 22:22 | M2 1001
<< 2002 夏 云えぬ思い >>