自転車馬鹿、春を焦がれる。

年のうちに春は来にけりひととせをこぞとやいはん今年とやいはん
                               在原元方

  年の内に春は来てしまった。
      この正月までの間を昨年の春と言おうか、
         それとも今年の春と言おうか。


この歌のように、今年は旧暦の正月より先に今日が立春。
春とはいうものの、外は強い風に雪が舞っている。
用事があるので自転車に乗れないし、諦めがつくというもの。

昨日、カミサンが俺の入選祝いにと息子たちと
とあるビストロに誘ってくれたんだけど、残念ながら満席。

カミサン「他に何か食べたいものある?」

Curtis「・・・・いいのかなぁ。“トンカツ”なんだけど。」

三男坊「ジャンボエビフライ食べたい!!」

ということでトンカツ屋さんへ。

中学生で身長が175cmを超える長男、次男は
大きいエビフライ、半分にカットされたハンバーグ、
トンカツが載っているミックスの定食のほかに
それぞれカツ丼、カツカレーをオーダー。
・・・・この細い身体のどこに二人前入るんだ?

自分も負けじと、エビフライとロースカツが一緒の定食のほか、カキフライを頼んだ。
お祝いということで、ビールも貰ったんだけど、
初めて息子に酌をしてもらって、嬉しかった。
そして、肉の味がいいトンカツ、絶妙に揚げられたカキフライで満足。
いやー、いいお祝いをしていただきました。

これだけ昨日食べたんだから、今日にでもカロリー消費しないと駄目なんだけど・・・。

長男坊「後で走ってくれば」

Curtis「融雪剤撒いてあるだろうし、自転車に悪いからいいや。」

カミサン「『寒くって』じゃなくて、自転車優先なのね・・・」

・・・・だって、可哀そうじゃん。
早く、名ばかりじゃない春が来ないかなぁ。って
Cross-Checkを磨きながら思う自転車馬鹿ひとり。
[PR]
by curtis_01 | 2007-02-04 12:28 | 自転車
<< すねに傷を持つ男。 5年前に―輪廻― >>