通院=自転車屋通い 12月

今日も月一の通院日。
でも、無茶苦茶忙しいので、先月、主治医先生にお願いして午後診察に予約してました。
午前中は、また会社内引きこもり生活(前回ブログ参照のこと)。

昼飯を抜いてそのまま病院へ行き、採血。
それからは小説を読んで結果待ち。
今日は、飲み友達に借りていた鷺沢萠さんの『ウェルカム・ホーム』。
うーん、軽いタッチでコミカルだけど、いろいろ考えるぞ。
呼ばれて診察。

先生「うん、数字も安定しているし、今度薬も60日分出せるようになったから
    2ヶ月にいっぺんにする?」

Curtis「え?マジでいいんですか!」

先生「いいでしょう。調子良さそうですしね。」

これって、やっぱり自転車のおかげかなぁ・・・。

先生「ところで、お金は大丈夫?」

Curtis「あ・・・。ボーナス出たからだいじょうぶですけど・・・ねぇ?」

先生「高いもんね、薬。」

薬代は、保険が利いて、@17,500円/月×2ヶ月=35,000円・・・。
生きてるだけでコストが掛かる奴です・・・。


診察も終わって、いつものように二輪工房 佐藤へお邪魔しました。

店長と、奥さんから「腰、大丈夫?」
・・・はい、ご心配おかけしています。

仙台のシニア向けタウン情報誌にお店の紹介とともに
我がCross-Check君の写真を載せていただいた記事を見せていただき、思わずニコニコ。
楽しくおしゃべりさせていただいて、仕事の邪魔しちゃいました。
いつも、すみません・・・。

それにしても、今仮組みだった、SURLYの
Long Haul Truckerの格好良さにガツン!と一撃を喰らう。

わざと26インチのタイヤを履かせて、オリーブ色のフレームに
パーツセレクトが色、質感、形を考慮して、絶妙ないい味をトータルで出しています。
まあ、オーナーのお楽しみでしょうから詳しくは書きませんが、
正直、“こんなの欲しい!”と思わせる一台です。

家に帰ってきて、自転車には乗りたかったんだけど、
雪がチラついて、ウェット路面では走りに行きたくないので
ガレージで33rpmをローラーに乗っけて、1時間。
途中、暑くなってきてTシャツ一枚になった。
いい汗かいて、晩御飯。
運動すると飯がウマイ!
しっかり食べてお茶を飲んでいたら、お腹がゴロゴロ・・・・。
また、トイレの住人になってしまいました。

腹を冷やしたみたい・・・・。
本日の最高気温3度のとき、Tシャツ一枚は無謀だったんでしょうか・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2006-12-18 21:35 | 自転車
<< サンタさん、お願い! ありはてぬ命まつ間のほどばかり >>