「ほっ」と。キャンペーン

愛読書を得る。

以前、運良く購入したと書いた、“東 麻弥さん”という作家さんの
『一緒に生きていこうよ―全身性エリテマトーデスが私に与えたもの』が届いたので、
一気に読んでしまいました。

一人の女性が膠原病という難病になり、
そこから始まる人と人の繋がり、
旦那さんと出会い、結婚、
病気のため、難しいなかでの出産、
そして生まれた娘さんとの歩み。

こんな5行の中におさめられない、葛藤、信頼、愛情。
凄い感動がありました。
正直、涙してしまいました。

妻は妻として、夫は夫として、そして二人は親として、
人は、家族のために、子供のために、純粋に一途に成れる。
精一杯、愛情を与えあうということの素晴らしさがあります。

この本は、自分を省みるとき、また読むことになるでしょう。
自分の幸せは家族だと、しっかり見つめられるようになるために。
[PR]
by curtis_01 | 2006-08-27 19:31 | 徒然草
<< 有為転変。 初秋。 >>