馬鹿、かく語りき。

昨日も、毎月第2日曜日開催、異車種ミーティング『イッズ・ミー』
参加すべく仙台市泉ヶ岳へ行きました。

来月の『イッズ・ミー』でロードスターのミーティング、『な~んもしないミーティング』も
一緒にやらさせてもらおうと、お世話人“もときち”さんに一声掛けておこうと思ってたんで。

行ってみると、お盆の所為か今回は車の数は少なかったのですが、
久しぶりにもときちさんのジネッタのG4を見ることができました!
やっぱり、いいなぁ。

フェラーリはテスタロッサ、348、400そして、帰りがけにすれ違ったのですが、デイトナ!!
リンクしている『イッズ・ミー』のブログ見てください。
やっぱり、存在感すんごいわ。

でも、個人的にはジネッタとエランが並んでいるのが、
胸に響くんだよなぁ・・・。
やっぱり、“着る”感覚のスポーツカーが好きだなぁ。
c0076652_21192332.jpgc0076652_21194642.jpg

















そこで思ったのは、現在のスポーツカー不振の状況。
クルマの所有率の高まりとともに
クルマへの憧れというものが無くなったうえに、
各個人の趣味の多様化がクルマへ求めるものを
“走ること”から、“楽しむためへの移動手段”へ変わったんだね。
これは自分でも、自転車という新しい楽しみを見つけて、
クルマへの興味が薄れていっているので実感。

でも、だからこそクルマという趣味もキチンと確立し、世に認知されたと思う。
月一のこのイベントに行くと、やっぱりクルマが好きで良かったって本当に思うしね。

これからも、馬鹿な自分は丘の上に立っているんだろうな。
[PR]
by curtis_01 | 2006-08-14 21:24 | M2 1001
<< おもちゃ。 Smile. >>