旅に想いを

つくづく思うのは、
もし、20年前に今のように自転車に嵌まっていたならば、
きっと、何処へか、『旅』に出たろうな、と。

クルマでのツーリングが、なかなか楽しいのは
既に、学生のときの5万円カローラ、
16年間3台のロードスター、ジムニーで実証済み。
でも、クルマでの移動は、ロードムービーのようで、
それはそれで良いんだけど、自分的には『旅』ではない気がする。
『ツーリング』だな、やっぱり。

自転車で、自分の身体を使って距離を進むというのが
一瞬で過ぎ去るスピードでは解らないものを見せてくれる。
そして、それを見ながらの、実感しながらの『旅』に出てみたいと
若い自分は考えるだろうなと思うのだ。

しかし、今の自分が、
あの時から20年の歳月を経たからこう思うのかもしれない。
エンジン付きの乗り物に本当に嵌まって、
殆どの時間と金を使ってきたからこそかも。
それはそれで納得のいく人生だった。
だからこそ、これからも時間の進み方が
自分に合った乗り物と過ごしていこう。
そして、いつかは『旅』へ


かりそめの別れと今日を思へどもいさやまことの旅にもあるらん
                               俊恵
[PR]
by curtis_01 | 2006-07-17 22:00 | 徒然草
<< 自分にお疲れ様。 俺的夏用乗物 >>