「ほっ」と。キャンペーン

開花宣言。

今朝、通勤時に銀杏坂を上った先の公園で
まだ若い華奢な桜が咲いていた。
やっと花が咲いたんだと、嬉しくって仕方が無い。
県庁脇の大きな桜の木は赤みがかった蕾で開花直前という感じ。

夕方届いたメールには、
平成になって一番遅い桜の開花宣言だったと書かれていた。

残業帰り。
朝見た県庁脇の桜も2分咲きって感じで咲いていた。
やはり一番好きな花は桜。
和歌でも花(=桜)に関する歌が好きだ。
花を多く詠った西行の歌の中でも

 風さそふ花のゆくへは知らねども 惜しむ心は身にとまりけり

これは特に好きだな。
よく語られる事だけど、やはり散りゆく姿の儚さは切なく美しい。
そして諸行無常の哀れを感じさせる。
望みが叶うなら、永久にと思う事が多いのにね。


いつ咲くとこころ惑わす桜花 咲けば永久にと恋の如くに
                            curtis

いつか桜の花でいい歌詠みたいなぁ・・・。
[PR]
by curtis_01 | 2012-04-20 00:30 | 徒然草
<< 自転車馬鹿、風と寒さにヤラれ、... 自転車馬鹿の完璧な休日。 >>