新たな年へ

一生忘れられない年となった今年。
しかし、既に全国域の会社に身を置いているともう被災地以外からは特別視されず、
既定の手続きを経ないと復旧工事もままならない・・・。その苛立ちと闘う日々です。

震災から5日目に石巻に訪れた時のショックは未だに・・・。
瓦礫が道を阻み、思うように進めない。
家々のあった場所はただの沼地に。
彼方此方に引っ掛かり、留まるクルマたち。
窓は割られ、きっと中の人達が出されたと思わしき姿。
漁船が海からかなり離れた店前で傾いて佇む。
町のすべてが瓦礫と泥で茶色がかった灰色の世界。
・・・日常が失われた地でした。

そして復旧作業中に痛めた左膝はもう前のようにとは。
そんな日々の中、私を想いやっていただいた友人たちに救われました。
本当にありがとうございました。

そして迎える新たな年がこの国の全ての人に
明るい笑顔を与えられたらと思っています。

初日の出失われた日背に残し閉じた瞼の光に望みを
[PR]
by curtis_01 | 2011-12-31 21:20 | 自転車
<< 自転車馬鹿、走り初めをする。 自転車馬鹿、年末操業。 >>