自転車馬鹿、謝る。

昨日はサービス出勤後の超短い30kmハードトレーニングの所為か
脚が痛い…寝不足になるくらいに。

でも、晴れの連休最終日とくれば走らずにいられない!
いつもの花山へ。
もう脚が疲れていることから、75kmコースとしてタフに走ろうと決めてスタート。
アップダウン区間での上りは昨日と同じ重いギアで。キツイキツイキツイ…

ん?

いつもほぼ孤独に走っているコースなのに、前に3人のサイクリスト。
挨拶をしながら追い越していくとまた前に2人。
10%の坂の後の下りで追いつき、信号待ちで並ぶ。

「今日は何かあるんですか?」

「え?ええ、栗原オータムライドっていうのが…」
サイクリングウェアなのになぜ聞く?と言わんばかりの表情。

そういえば去年もあったイベントだ。忘れてたなぁ。
オイラのトレーニングコースがそのまま中盤以降コースになっているんだよな。
・・・出たかった(爆)

そのまま温湯御番所まで前を走るサイクリストたちを追いかけて走る。
追い越すたびに、すれ違うたびにご挨拶。
このコースでこんなにサイクリストがいるって新鮮。
嬉しいなぁ。
坂を下りながら上ってくるサイクリストが構えるカメラにサムアップ。
休憩ポイントでは笑いながら会話。笑顔でいっぱいのイベントだね。
コース終盤、
「私は参加者じゃないんでコース違いますんでヨロシク!」と
話しながら分かれて走る。

家が近くなって、黒いクルマが追い越して止まると
オレンジのウィンドブレーカーのイベントスタッフが降りてきた。
「コースじゃないんですけど・・・もっと前に何人か行ってますか?」

「あ、ごめんなさい。オレ、参加者じゃないんですけど・・・」

「え?」

「家がすぐ傍で、帰って来たんです。前は誰も行ってませんよ。」

「あーーーーー。すみません。解りましたぁ」

・・・ホント、オイラがすみませんでした。
[PR]
by curtis_01 | 2011-10-10 18:20 | 自転車
<< 徒然に・・・失われた景色へ 自転車馬鹿、みんなを笑わせる。 >>