「ほっ」と。キャンペーン

歌~言の葉の今昔

いにしえの歌にならえば見合えると想いつのらせ今宵の夢で


スピリチュアルツインズの女友達とのメールの中で詠んだ歌。
昔の和歌を読んでいると、お互いが想い合えば
夢で逢えると信じられていたというのが解ります。

彼女の返歌

月見ればインターネットのその先の 君の言葉につのる会いたさ


ま、彼女とは“遠く離れているみんなで集まって飲みたいね。”
というメールの中身なのですが(笑)

しかし、今の言葉で和歌を詠むっていうのもいいなぁ…。
古語を使って歌を詠むのが好きなのですが、
彼女や俵万智さんのような現代語の歌っていうのも
ストレートで好き。
スタイルにとらわれず楽しんでみようかな?
[PR]
by curtis_01 | 2011-09-15 00:01 | 徒然草
<< 自転車馬鹿、気を失う。 十六夜 >>