自転車馬鹿の病院詣。

通院day。

朝一に採血、そして2時間後の診察。
担当医はかなり疲れた表情。
「curtisさん、ご家族とか家とか大丈夫でした?」

「大丈夫です。家は夏用に隙間風が入るようになったけど。
 先生は、大丈夫でした?」

「うん、家族も家も大丈夫。
 まぁ、基幹病院になったんでなかなか忙しかったけどね
 あちこちで診察治療ができなくなった患者さんを受け入れましたから。
 curtisさんの身体は?」

「膝の靭帯をちょっと。」

「じゃあ、自転車は…」

「しばらくは大人しくします。」

「うん、今年中には乗れるようになれますよ、きっと。」

「ありがとうございます。」

「でね、次の診察まで薬を多めに出します。」

「薬、あるの?」

「医師会で、命にかかわるからと製薬会社に供給体制整備を申し入れましたから。
 でも、余震とか不安なんで持っていてください」

「解りました。」

次は膝の整形外科へ。
「膝の靭帯はなかなか治らないんで、じっくり付き合ってください。」
ということで、様子見。
でも自転車が趣味ということで膝の専門医に紹介してもらうことに。


気分転換にベルエキップに。
新しく移転したお店はメンテナンススペースも広く、
清潔で綺麗になった。

「忙しそうですねぇ」

「津波の被害にあった自転車たちのフレームの中から洗浄整備とかが多いんで…」

「でも、自転車が此処にあるってことは、オーナーは?」

「無事です。」

「それは良かったねぇ」

エンドーさん、横ちゃんに靱帯損傷を伝えると、
兎に角、安静を命ぜられる…。
やっぱ、大人しくしなきゃあ駄目か。

納車整備中の今年のNeoPRIMATOを発見。
俺のと違って、ヘッドのマークも今のオシャレなタイプ。
シートチューブにアルカンシェルのラインも無くなってシンプルに。
素敵だね。

…でも、俺、やっぱり自分のが一番イイや。
c0076652_20273635.jpg

[PR]
by curtis_01 | 2011-04-18 20:26 | 自転車
<< 自転車馬鹿、ツラクなる。 花の色に >>