自転車馬鹿、支援物資をいただく。

一昨日、25:30に家に到着。
また翌日も6:00には起きると思うと軽い眩暈。

家族を起こさないように、そっと家に入り、着替えを持って風呂へ。
この風呂に入れるって本当に幸せ。
睡眠時間削っても家に帰るのは、このため。

茶の間に戻ると、ダンボールが一つ。
敬愛する同い年の自転車仲間、takaさんからの支援物資!

開けると、自転車雑誌3冊、ティッシュ、瓶詰め2つ、日本酒“浦霞禅”の箱。
“おおーーーーーーーーーー!”
本屋は開店したけど、震災以降の書籍は一切未入荷の此方では自転車雑誌は嬉しい!
そして瓶詰めは彼のブログで見ていて涎を流していたチーズのオリーヴオイル漬け!
彼の心遣いに、感謝で胸がいっぱい。

“これで一杯やりたいなぁ…”
時計を見ると既に26:00。
“うーん…”
さすがにこれ以上睡眠時間を削るのはきつく、
諦めて床についた。

翌朝、睡眠不足で重い身体を布団から引っぺがして起きる。
仕事に向かう渋滞の列の中でtakaさんへお礼のメールを送ると、
瓶詰めは彼の奥さん(イタリア美人!)の
お父さんが作ってイタリアから送ってくれた
チーズとドライ茄子のオリーヴオイル漬け二品とのこと。
くぅー、最高!
仕事が早く片付いた日には、これをつまみに飲みながら、
自転車雑誌を読もう!と、元気が出る!
これは俺を元気にさせる支援物資だね。

そして今日は休日出勤だったからちょっと早く22:00には家に到着。
せっかくだし、飲もうと“浦霞禅”の箱を開けると、
大好きなイタリアワインの雄、“バローロ”!
二重の仕掛けに、一昨日以上の驚き!
これは急いで飲むのは勿体無い!
明日、久しぶりの休日だし、夕方からゆっくり飲もうと変更。

確かに此方はガソリン、灯油が不足気味。
開いているコンビニも開店時間は7時から23時と本当に7‐11。
スーパーも棚にはわずかな商品だけで、やけに照明の明るさが空々しい。

でも、スイッチを入れればご飯は炊けるし、シャワーも浴びれる。
歯を磨く時も懐中電灯とペットボトルを持っていなくてもいい。
ここはもう被災地じゃないね。

今日、家族が俺のクルマをガソリン満タンにしてくれたとのこと。
せっかくのガソリンだし、明日は避難所へ支援物資を届けてみようと思う。
水を使わないで飲み食いできるモノ、赤ちゃん用のお尻拭きなんかを持ってさ。
[PR]
by curtis_01 | 2011-04-03 00:28 | 自転車
<< 自転車馬鹿、被災地に向かう。 自転車馬鹿に戻るために。 >>