自転車馬鹿、歌詠みなう。

春こよみ駆けぬけ向かう銀輪を咲いて迎えし寒桜かな

会いたいとため息ひとつ見上げればニヤリと笑う上弦の月

優しさを求めて探す月影は隠れゆけども胸にこそあれ
[PR]
by curtis_01 | 2011-02-07 21:25 | 自転車
<< 自転車馬鹿、仲間と間違われ・・・た? 自転車馬鹿、馬鹿なのに・・・ >>