自転車馬鹿、不平を言われる。

脚の筋肉という筋肉が重苦しい痛み。

昨日、EXCALIBURで海まで。

空気はキン!と冷えている。
日蔭の路面も朝まで凍っていたのか濡れている。
そんななか、平坦基調なのをいいことに、
スカッとする加速感を味わいたくって、
何度も何度もインターバル。

野蒜海岸の堤防に上ると誰もいない砂浜。
冬ならではの淡い青と柔らかい白の世界。

身体が冷えてきて帰ろうと自転車に跨れば、
往路のインターバルの所為で脚が既に売り切れ状態。
そのうえハンガーノック。
ボロボロでなんとか家にたどり着き、
シャワーに洗濯、自転車の整備が終わると寝床にぶっ倒れた。

今朝起きると脚の筋肉痛が酷い。
空も曇天に時雨れている。
“今日は休養かな?”
簡単な朝食を済ませ、路面を見ると乾いている。
“……うん。”
そそくさと着替えて黒いロードを抱えて玄関を出る。
脚は痛いけど、近場のトレーニングコース30kmだけでも。
ここ1週間でハンドルを5mm下げたけど、
昨日一日走っても腰は痛くないし、このポジションで大丈夫だね。

下りは相変わらずスピードのノリが悪い。
これだけは気に入らない。
でも、平坦も上りも自転車に対して脚力が足らない。
走っていて、“もっとスピード出してよ”
って、言われ続けている気がする。

ちくしょー、待ってろ(笑)
[PR]
by curtis_01 | 2010-12-12 14:50 | 自転車
<< 自転車馬鹿、弐号機と仲良くなる。 自転車馬鹿、言い訳が無くなる。 >>