自転車馬鹿、怒られる。

今日は通院日。
…っていうか、予約をキャンセルして2週間経過。
薬の在庫が無くなってきたんで、流石に命にかかわると
我が別荘に着ました。

予約無しなのに、採血、診察まで今までで最速。
8時に来院するも、10時にはお呼び出し。
これだけで担当医の怒りのレベルが解る…・
先生の「忙しかったんですか?」の問いかけは
既に怒りのトッピング付き。ひたすらに謝ってから診察。

諸外国と違って日本では俺に適合する“かもしれない”薬は
まだ認可になって無い。
まあ、認可になったところでかなり高価なのは目に見えているし、
効くかどうかも解らない。
今の薬でもギリギリ現状維持出来てるから文句はないね。
薬局で支払いの金額を聞いて周りの客たちが
目を丸くするのももう慣れたし、
自分の状況も生まれた時から感染していたことで
もう諦めがついてる。

でも、2年ごとにDE ROSAのKING3 RSのフレームが買い換えられる
治療費っていうのはキツイね。
入院しなくなっただけでも御の字だけどさ。

病院が終わった後は二輪工房 佐藤へ。
店主のたつおさんの20台納車で徹夜の日々という
ブログを読んでて心配になってたんで。
いつものように温かく迎えてくださって、自転車業界のお話を。
それが凄い面白い話ばかりで1時間夢中で話を聴いていた。
時間がありそうなときは“あの”ママチャリのOHお願いします。

その後、細々した用事をこなしているうちに家に着いたのは
既に日も傾いたpm3:00過ぎ。

ネガティブな気持ちの最後の欠片を吹っ飛ばすために
久しぶりに某高校の自転車部が使う練習コースへNeoPRIMATOで。
やっぱり、夏以降の花山までのヒルクライムトレーニングのおかげで
スピード維持が楽になっている。

まだ可能性はあるってことだな。

いいねぇ、人生のオマケは楽しいことがいっぱいだ!
[PR]
by curtis_01 | 2010-10-25 19:46 | 自転車
<< 自転車馬鹿、勇気をもらう。 自転車馬鹿、寝る。 >>