自転車馬鹿、他人の納車にはしゃぐ。

今日は、この頃お気に入りの栗駒山麓コースを
走ろうと思っていたのに雨。

仕事以外は諦める事に自信がある俺としては
会社同期のロードバイクの納車に付き合うことに予定変更。
電話して納車の場所と時間を聞くと、
何と、奴が購入したショップは俺のDE ROSAの
面倒を見てもらっているところ!

ショップに入っていくと、
既に同期の(仮)自転車馬鹿は店長さんに
止め方、走り方、変速の仕方、タイヤの外し方、
整備の仕方、トラブルの対処の仕方について
レクチャーを受けていた。
その顔には緊張と嬉しさが入り混じった表情。
解るわぁ、その気持ち。
きっと教えてもらったことの半分は
頭の中に入っていないな。

そのまま、ヘルメット、シューズ、空気入れ、
グローブなど購入する奴。
今度は目が丸くなっている。
解るわぁ、その気持ち。
自転車って走るまで自転車以外に
いろいろと金がかかるのよ。

サドルバッグ、スペアチューブ、タイヤレバー、
パンク修理キットは、俺から奴に納車プレゼントとして進呈。
ショップからの帰り際、店長さんから奴への一言は
「自転車地獄へようこそ!」

その後、二人で昼食をとる。
自転車に乗りたくなった理由を聞くと、
今年の蔵王ヒルクライムを見た所為だとか。
そういえば奴の実家はスタート地点から1㎞も離れていない。
それにしても高千穂遙さんの
小説『ヒルクライマー』みたいな話だな。

その後、晴れて路面も乾いている事だしと、
仙台港にあるイベントホールの広い駐車場で
実際にロードバイクって乗り物に慣れてもらう。
しかし、このGIANT TCR ALLIANCEって、
カラーリングも良いし、軽いし、格好イイよ。
お値段以上…ってヤツだな。

最初は両足スニーカーで、兎に角走りまわって変速して
思う存分楽しんでもらう。
Step2:止まる時に左足を先に地面に着く練習。
自転車は車道を左側走行するだけに信号で止まる時を想定してね。
Step3:右足だけサイクリングシューズでクリートを嵌めて。
Step4:左足だけシューズにしてクリートの脱着と止まるまで。
そして最後に両足サイクリングシューズで脱着して
止まる、走りだす練習を何度も自在にできるまで。
ついでに後ろのクルマに自分の行きたい方向を示す手信号の出し方。
90分で何とか覚えたみたい。
後は実際に道を走って覚えるしかないよね。

走りのテクニックを教えられるほどの脚は無いけど、
兎に角、事故に合わないように、それだけは教えたい。
でも、練習中も奴の顔はニコニコしっぱなし。
「ガキの頃、思い出すよ。こんな楽しい感覚忘れてたわぁ…。」


c0076652_20101984.jpg…コイツは大丈夫だな。
自転車馬鹿になるわ(笑)
[PR]
by curtis_01 | 2010-08-16 20:11 | 自転車
<< 自転車馬鹿、疲労困憊。 自転車馬鹿、増殖中。 >>