「ほっ」と。キャンペーン

辛抱の先に

「お母さん、反対してくれて有難う。
 おかげで辛抱できました。
 結婚生活、十七年。洋子。」

『日本一短い「母」への手紙』に掲載されている作品。
この『手紙』を書かれたとき、39歳だったそうです。

今日この作品を書かれた方の葬儀に参列させていただきました。
享年57歳。

最後の時までの一ヶ月前、
旦那さんと一緒に居たいと退院してしばらくの間、家に帰っていたそうです。
娘さんのお別れの言葉で話されたエピソードでは
自分の身体より旦那さんをいつも気遣っていたとか。

愛のカタチや想いの深さなんて、
他人には推し量れない事ばかり。
当事者じゃなきゃ解らないと思う。
でも、きっと幸せだったんでしょう・・・。

心よりご冥福をお祈りします。
[PR]
by curtis_01 | 2009-04-25 18:47 | 徒然草
<< GW前半。 まただよ。 >>