パンと自転車と。

残業&休日出勤の1週間。
寝てても夢の中で仕事の問題点考えているし…これって効率的なのかも?
それにしても、ぜーんぜん自転車乗ってませんでした。

というわけで、ゆっくり起きた今朝、カーテンを開けた瞬間に予定は決定!
速攻で朝飯をカッ込み、自転車を外に出して点検。
冬のような冷たい風があるけど、日差しがウィンクをしてくる。
って、空を高速で雲が流れているだけだけど・・・。

今日はゆっくり走ろうと思ってたけど、向かい風がキツクって
最初っからスピードがのらない。
いくつかの坂を登ってたどり着いたのは大好きなパン屋さん、『ひとつぶ堂』

開店間も無い店の引き戸を開けると、
「あら、Curtisさん、今日一番最初のお客さんですよ。」

おかげでパンが買える!
選んだのは『シナモン&お豆』と『枝豆&チーズ』。
ちょっと、おまけを頂いてウェアの背中にある大きいポケットに入れて走りだそうとすると
直ぐに次のお客さんが入っていく。

そのまま南に向かう。
右からの強い横風でハンドルがとられ、フラつく。
せっかくのツーリングなのになぁ。

途中で90度方向転換。
東へ。
追い風だ。
途端にスピードがのる。

もう、今までのフラストレーションの分、ガンガンにペダルを回す。
スピードは40から50km/h。
そんなに脚力は無いのにこんなに回して・・・

“もういいや・・・”
帰りなんて考えない。脚が切れてもいい。
一週間のツマンナイこと全部後ろに置き去りにしてしまおう。
そのまま20kmアップダウンのある道をブッ飛ばし。
頭の中は真っ白。

脚に鈍い痛みが出てきた頃、
コンビニに寄ってランチタイム。
コーヒーとひとつぶ堂で買ったパン。

パンにかぶりつく。
「旨い!」
パンって、微かなえぐみが嫌いだったんだけど、ここのはそれが無い。
噛み締めるたびにじわっと美味しさが沁みる。
青空を眺めながら、
“これって幸せだなぁ・・・”


・・・帰りの強い冷たい向かい風と切れた脚で死んだのは、また別のお話。
[PR]
by curtis_01 | 2009-03-29 18:27 | 自転車
<< 花を待とう 花待ちて >>