幸せな時間。

いつもの通院。
もう、馴染みとなっている担当医も首をかしげるほど、
火がついているのにどんだけ長いんだこの導火線状態(笑)
やっぱ、デローザのカーボンバイクはお金貯めてから・・・
いったい何年かかるんだろ?
1回の薬代と診察費でカンパニョーロCHORUSのリアディレイラーが買えちゃう。

検査もろもろで病院を出たのは午後2時過ぎ。
もう、疲れ切ってる。
でも、向かった先はいつもの“二輪工房 佐藤”
SURLYのcross-checkのメンテに。

久しぶりに伺うと、天井から吊るされている、
ご店主たつおさんのLemondのカーボンバイクのとなりに
ゴールドのロゴのSpecializedのルーベ・・・。
「奥さんの。ホイールもとられた・・・」のたつおさんに
「試乗したら、もう!ねぇー!」の奥さん。
もう、夫婦そろってブラックのカーボンバイク・・・いーなぁ。

で、たつおさんの秘密兵器BONTRAGERのカーボンホイールを見せてもらって、
いろいろインプレッションを教えていただく。
そして、SURLYにと勧められたのがKINGというメーカーのボトルケージ
いや、いかにもアメリカのおっちゃんが手作りしたよー!的なおおらかさ。
チタンもあったけど、細くSURLYに似合うステンレスを購入。
すっごくゆるい感じが似合う!

デローザ ネオプリマートは『レシプロエンジンでもやったるぜ!』の戦闘的で大好きだけど、
たつおさんに作ってもらったcross-checkは、レトロっぽくゆるいキャラなのに
金属の色合いでレース用といえるデュラ入れてもらったり、
PUNKROCKが好きな俺の一面にピッタリ。

なんだかんだで、1時間もお邪魔。
これで落ち込んだ気分も回復。
たつおさん、ありがとうね。
[PR]
by curtis_01 | 2008-12-15 18:08 | 自転車
<< もうね。 照る月に。 >>