雪の朝-33rpm

am7:00
国道からのクルマの音がフィルターがかかったように聞こえる。

カーテンを開けると雪が積もっていた。
これから本格的に雪が降りだすという
二十四節気の“大雪”にふさわしい朝だ。

オークションのおかげで(笑)カスタマイズ出来た
DE ROSA で走りたかったけどしょうがないね。

ニットキャップ、パーカーにウィンドブレーカーを着て外に。
キーンと音がしそうなくらい凍りついた空気。
冬の匂いがする。

ガレージを開けてUN AUTHORIZED 33rpmの
タイヤとフロントショックの空気をチェック。
この頃、ロードバイクのDE ROSA neo-primatoや
ツーリングバイクのSURLY cross×checkばっかりだったんで
MTBで走るって久しぶり。

通りに出る前にアスファルトに軽く積もった雪でスキッド(ドリフトね)一発!
楽しい!
山で土の上でやったらトレイルを痛めるからヒンシュクモンだけどね。

昇ったばかりの朝日が雪景色の周りを白く照らす。
風が当たる頬が痛い。
白い息を吐きながら田園風景から小さな自然公園へと。
トレイルでは手に伝わる土と雪の感触を楽しむように。

たまに自転車でこういうのっていいね。
そう、33rpmのLP盤レコードを聴いてるようで。
[PR]
by curtis_01 | 2008-12-07 18:34 | 自転車
<< 足んない。 tune-up. >>